USDT(テザー)とは?ステーブルコインとしてのメリットと投資時のデメリット

USDT(テザー)は、Tether Limited社により開発された、世界で最初に登場したステーブルコインです。 米ドルと同等の価値を保つように設計されており、この価格の安定性がUSDTの主な特徴です。 暗号通貨市場では、この安定性が大きな利点を提供し、多くの取引所で基軸通貨として採用されているため、ビットコインや他の暗号通貨との取引が容易で安定しています。 USDTはまた、イールドファーミングなどの暗号資産投資活動においても重要な役割を果たしています。その価格の安定性と流動性の高さが、多くの投資家から支持される理由です。
目次

ステーブルコイン USDT(テザー)の特徴

USDT(テザー)は、Tether Limited社により開発された、世界で最初に登場したステーブルコインです。
米ドルと同等の価値を保つように設計されており、この価格の安定性がUSDTの主な特徴です。
暗号通貨市場では、この安定性が大きな利点を提供し、多くの取引所で基軸通貨として採用されているため、ビットコインや他の暗号通貨との取引が容易で安定しています。

USDTはまた、イールドファーミングなどの暗号資産投資活動においても重要な役割を果たしています。その価格の安定性と流動性の高さが、多くの投資家から支持される理由です。

しかし、USDTへの投資には、テザー社のカウンターパーティーリスクやプライバシー問題など、注意すべき点がいくつか存在します。
投資や取引にあたり、これらのリスクを把握し、十分な情報収集が必要です。

この記事では、USDTの基本的な特性、利用方法、そして投資家やトレーダーが注意すべきポイントを包括的に解説します。

コインの名称テザー
ティッカーシンボルUSDT
時価総額約91.08億米ドル
時価総額ランキング3位
管理方式中央集権型
発行元Tether Limited社
https://tether.to
発行枚数約910億枚
24時間取引量約54.72億米ドル
オールタイムハイ(最高値)$2.00(ただし、現在の価格は1 USDT = $1.00)
発行上限ない
国内取引所での取り扱い無し
購入可能な主な取引所bybit(海外取引所)
あわせて読みたい
ステーブルコインとは?多様な種類をわかりやすく解説 ステーブルコインは、ビットコインやイーサリアムなどの価値変動が激しい暗号資産とは異なり、安定した価値を持つ通貨として設計されています。これらのコインは、米ド...

ステーブルコイン USDT(テザー)を保有するメリット

米ドルと連携によって価格が安定

USDT(テザー)は、価格が米ドルと連動しており、1 USDTが常に約1 USDの価格で安定して取引されるという特性を持ちます。
これは、ビットコインやイーサリアムなど、価格変動の激しい主要暗号通貨と比較して、USDTに大きな優位性を与えます。価格の安定性は、リスクを最小限に抑えつつ投資を行いたい人々にとって、特に魅力的な特徴です。
USDTを利用することで、他の変動性の高い暗号資産と比べて、より予測可能で安定した投資環境を提供します。

USDTは、ステーブルコインの中で最大の市場規模と取引量を誇り、市場の深さと高い流動性を示しています。これにより、USDTの価格安定性はさらに強化され、投資家やトレーダーにとって魅力的な選択肢となっています

仮想通貨トレードで基軸通貨として利用可能

USDT(テザー)は、その利便性と価格の安定性から、多数の暗号通貨取引所において基軸通貨として広く採用されています。
この採用は、USDTが提供する様々な暗号資産との豊富な取引ペアに起因しています。実際、USDTは約136の異なる取引所でおよそ5000の異なる取引ペアにおいて取引されており、これによりトレーダーは多様な市場での取引機会を享受できます。

海外取引所で利用しやすい

USDT(テザー)は、海外暗号通貨取引所で広く使用されているステーブルコインであり、特に多様な暗号資産の取引において重要な役割を果たします。
日本国内の取引所では、USDTの直接購入ができないことが多いですが、海外取引所を利用することでUSDTを獲得し、投資の選択肢を拡大することが可能です。

具体的には、以下の手順でUSDTを利用することができます

  1. 国内取引所でビットコインやイーサリアムを購入
    日本の暗号通貨取引所でビットコインやイーサリアムなどの主要暗号資産を購入します。
  2. 国内取引所から海外取引所へ仮想通貨を送金
    購入したビットコインやイーサリアムを選択した海外取引所のアカウントに送金します。
  3. 海外取引所でUSDTに交換
    海外取引所でビットコインやイーサリアムをUSDTに交換します。
  4. USDTを使用してアルトコイン・草コインを購入
    USDTを利用して、多種多様なアルトコインや草コインを海外取引所で購入します。

このプロセスを通じて、日本では入手困難なアルトコインや草コインへのアクセスが可能になり、投資家はより幅広い投資機会を享受できます。

イールドファーミングに使用可能

USDT(テザー)は、その価格安定性と高い流動性から、イールドファーミングにおいて重要な役割を果たしています。
イールドファーミングは、デジタル資産を分散型金融(DeFi)プラットフォームに預け、利息や手数料を得る投資戦略です。
この方法は、特に2020年頃に大きな注目を集め、現在でも仮想通貨運用の人気手法となっています。

イールドファーミングは魅力的な収益の可能性を提供しますが、以下のリスクに留意する必要があります。

  1. 価格変動リスク
    仮想通貨市場の変動により、投資資産の価値が下落する可能性があります。
  2. 詐欺リスク
    信頼性の高いプラットフォームが存在する一方で、詐欺的なプラットフォームも存在するため、慎重な選択が必要です。
  3. ハッキングリスク
    プラットフォームがサイバー攻撃の対象になるリスクがあります。
  4. スマートコントラクトリスク
    スマートコントラクトのバグや脆弱性が原因で資産が失われる可能性があります。
  5. 報酬減少リスク
    市場環境の変化により、取引量や報酬が減少するリスクがあります。
  6. プロジェクトリスク
    特定のDeFiプロジェクトに依存することで、そのプロジェクトの失敗が投資リターンに影響を及ぼす可能性があります。

イールドファーミングは高いリターンをもたらす可能性がある一方で、これらのリスクを適切に理解し、慎重にアプローチすることが重要です。

ステーブルコイン USDT(テザー)を保有のデメリットとリスク

USDTのカウンターパーティーリスクについて

USDT(テザー)は、その価格安定性の背後に存在するTether Limited社のカウンターパーティーリスクについて認識することが重要です。
カウンターパーティーリスクは、取引先が財務危機に陥ることで発生し、投資家が資産を失うリスクを指します。

中央集権的に運営されるUSDTは、迅速な意思決定の利点がある一方で、監査や運営元の財務状況に関する透明性の問題が指摘されています。
過去にはTether Limited社がUSDTの全額が米ドルで裏付けられていると公表していましたが、現在は様々な資産によって裏付けられていると主張しています。

このような背景から、USDTは他の暗号資産に比べて高いカウンターパーティーリスクを有していると考えられます。投資家はUSDTを保有する際、市場の動向や関連ニュースに敏感であることが求められます。

価格変動のリスク

USDT(テザー)は米ドルと価値を連動させることにより、一般的な暗号通貨と比較して価格の安定性が高いと評価されています。この特徴は、市場における価格の急激な変動が少ないという意味を持ちます。
しかし、暗号通貨市場の特性上、USDTの価格も市場動向や供給・需要の変化に応じて変動する可能性があります。
特に、大規模な市場の変動や重要な経済イベントが発生した場合、USDTの価格に影響を与えることがあります。

加えて、USDTの発行元であるTether Limited社に何らかの問題が生じた場合、USDTの信頼性が損なわれる可能性があり、その結果として米ドルとの価格連動性が失われるリスクもゼロではありません。

このような状況を考慮すると、USDT投資に際しては、市場の動きやTether Limited社の状況に対する十分な理解と注意が必要です。

金融当局の規制強化

ステーブルコイン、特にUSDT(テザー)に対する金融規制の動向は、その将来の価値と流通に大きな影響を与えています。
2022年5月に発生したUST(TerraUSD)の価格乖離事件を契機に、世界各国はステーブルコインへの規制強化に動いています。

日本では、2023年6月に施行された改正資金決済法がステーブルコインの取扱い業者に新たな規制を導入しました。
一方、アメリカでは連邦準備制度理事会(FRB)や証券取引委員会(SEC)など複数の規制機関がステーブルコイン、特にUSDTの監督を強化しています。

今後も世界的にステーブルコインに対する規制は厳格化する傾向にあり、これはUSDTを含む主要なステーブルコインの市場に大きな影響を及ぼす可能性があります。
そのため、投資家は規制動向に敏感に反応し、これらの変化に基づいて慎重に投資判断を行うことが重要です。
規制の進展は、USDTの価値や流通に直接的な影響を与えるため、最新の市場動向と規制情報の把握が不可欠です。

USDT(テザー)の購入方法

USDT(テザー)を日本国内で直接購入することはできないため、国内の暗号通貨取引所でビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を購入し、それを海外取引所に送金してUSDTに交換する方法が一般的です。

以下は、このプロセスをスムーズに実行するための具体的な手順です。

  1. 国内の仮想通貨取引所で口座開設
    日本国内の主要取引所の一つにコインチェックがあります。利用者には登録の簡単さや、ユーザーフレンドリーなアプリや取引画面が評価されています。
  2. 国内取引所に日本円を入金
    まずは日本円を取引所の口座に入金します。
  3. BTCやETHを購入
    国内取引所を利用して、BTCやETHなどの主要暗号通貨を購入します。
  4. 海外取引所で口座開設
    USDTを扱う海外の取引所で新たに口座を開設します。
  5. 購入した仮想通貨を海外取引所に送金
    国内取引所で購入したBTCやETHを、海外の取引所に送金します。
  6. 海外取引所でUSDTを購入
    海外取引所で送金したBTCやETHをUSDTに交換します。

コインチェックでは「取引所」機能を使って、より低いスプレッドや手数料でビットコインを購入することが可能です。

一方、bybitは300種類以上の暗号資産を取り扱う国際的な大手取引所であり、1,000万人以上のユーザーによって利用されています。
bybitは「ステーキング」サービスも提供しており、幅広い取引オプションを提供しています。

シェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

執筆担当

弊社スタッフは、株式、暗号資産、外国為替取引(FXトレード)など、多岐に渡る分野での経験を積んでいます。
世界中のFXブローカーとの実務経験を通じて、深い知見を蓄えてきました。この豊富な経験を活かし、各FXブローカーのサービスを独自の視点で徹底分析。
実際のユーザーの声を基にした、透明性の高いレビューを提供することに専念しています。

目次