TUSD(TrueUSD)とは?USDTの違いやメリットやデメリット、そして潜在的なリスク

TrueUSD(TUSD)は、TrustToken社により2018年3月に発行されたステーブルコインです。 ステーブルコインは、価値が特定の法定通貨に紐づけられている暗号資産で、TUSDは米ドルの価値と連動する設計となっています。 この記事では、TUSDの基本的な特徴から、保有する際のメリットやデメリット、そして潜在的なリスクまで、幅広く解説します。さらに、TUSDの購入方法についても詳細な情報を提供します。 TUSDは、デジタル通貨市場において安定した価値を提供することで、多くの投資家やトレーダーに注目されています。また、米ドルとの連動性により、暗号資産市場の不確実性を緩和する役割を果たしています。

TrueUSD(TUSD)は、TrustToken社により2018年3月に発行されたステーブルコインです。
ステーブルコインは、価値が特定の法定通貨に紐づけられている暗号資産で、TUSDは米ドルの価値と連動する設計となっています。
この記事では、TUSDの基本的な特徴から、保有する際のメリットやデメリット、そして潜在的なリスクまで、幅広く解説します。さらに、TUSDの購入方法についても詳細な情報を提供します。

TUSDは、デジタル通貨市場において安定した価値を提供することで、多くの投資家やトレーダーに注目されています。また、米ドルとの連動性により、暗号資産市場の不確実性を緩和する役割を果たしています。

この記事を通じて、TUSDの機能性と市場におけるポジションについて深く理解し、投資や取引の際の判断材料として利用することができます。
TrueUSDの利用は、デジタル通貨市場での安定した投資オプションを求める人々にとって重要であり、その透明性と安定性は多くの利用者にとって魅力的です。
TUSDの適切な購入方法と取り扱いのポイントを把握することで、暗号資産市場における効果的な戦略を展開することが可能です。

あわせて読みたい
ステーブルコインとは?多様な種類をわかりやすく解説 ステーブルコインは、ビットコインやイーサリアムなどの価値変動が激しい暗号資産とは異なり、安定した価値を持つ通貨として設計されています。これらのコインは、米ド...
目次

ステーブルコイン TUSD(TrueUSD)の特徴

コインの名称TrueUSD
ティッカーシンボルTUSD
時価総額約24億3463万米ドル
時価総額ランキング37位
管理方式中央集権型
開発者TrustToken社
発行枚数約24億3163万TUSD
発行上限無し
国内取引所での取り扱い無し
購入可能な主な取引所bybit(海外業者)

米ドルと連動する高い安定性を持つステーブルコイン

TrueUSD(TUSD)は、ステーブルコインのカテゴリーの中でも特に安定性が高いことで知られています。
ステーブルコインとは、価格の安定性を追求した仮想通貨で、TUSDは米ドルとのペッグ(連動)を特徴としています。
この米ドルとの連動性により、TUSDは米ドルの流動性を反映し、ビットコインやイーサリアムなど他の仮想通貨が示すような大きな価格変動から逃れています。

TUSDの価格は通常、米ドルに非常に強く連動しているとされますが、市場の変動によっては小規模な価格乖離が生じる場合もあります。
しかし、この乖離は一般的に小さく、安定した価値を求める投資家にとって、TUSDは魅力的な投資先となっています。

TUSDのこの特性は、デジタル通貨市場における信頼性の高い選択肢として、投資家やトレーダーにとって重要です。米ドルとの強い連動性により、TUSDは市場の不確実性を緩和し、安定した資産としての役割を果たしています。

イーサリアムのERC-20標準に準拠したステーブルコイン

TrueUSD(TUSD)は、イーサリアムブロックチェーン上でERC-20標準に基づいて発行されるステーブルコインです。
ERC-20標準への準拠により、TUSDはイーサリアムの広範囲にわたるエコシステムと高い互換性を持ちます。
この互換性は、TUSDを多くのサービスやアプリケーションで容易に利用できるようにし、ユーザーにとっての利便性を大きく向上させています。

特に、TUSDはスマートコントラクトと容易に組み合わせることが可能であり、これにより分散型金融(DeFi)アプリケーションを含む幅広い分野での使用が期待されています。
DeFiは、ブロックチェーン技術を用いて伝統的な金融システムを再構築する革新的な試みであり、TUSDはそのプロセスにおいて重要な役割を担うと見込まれています。

あわせて読みたい
イーサリアム(ETH)とは?暗号通貨革新の先駆け。スマートコントラクトとDappsの世界 イーサリアム(ETH)は、その先進的なスマートコントラクト機能と分散型アプリケーション(Dapps)開発のためのプラットフォームとして、暗号通貨界における注目の存在...

TrustToken社の厳格な資産運用

TrueUSD(TUSD)は、その高い信頼性と透明性で注目されるステーブルコインです。発行元であるTrustToken社は、TUSDを裏付ける米ドル資産の管理を非常に透明かつ安全に行っています。
この透明性は、定期的に行われる外部監査とブロックチェーン技術の活用によって強化されています。

TrustToken社では、TUSDが米ドルと1:1の比率で連動するように資産を厳格に管理しており、これによりユーザーはTUSDの信頼性を確信することができます。
さらに、ブロックチェーン上で資産の保管状態や取引記録をリアルタイムに追跡できるため、透明性が高いことが保証されています。

ステーブルコイン TrueUSD(TUSD)保有のメリット

米ドルとの連携により安定している

TrueUSD(TUSD)は、その米ドルとの強い連動性により、暗号資産の世界で比較的安定した価格を維持しているステーブルコインです。
この安定性は、ビットコインやイーサリアムなど他の暗号通貨が示すような大きな価格変動に対する安全な避難先として機能し、リスクを抑えた投資戦略を求める投資家にとって特に有益です。

TUSDは、市場資本化と取引量の両面で多くのステーブルコインの中でも顕著な存在です。この大規模な市場資本化と取引量は、TUSDの価格安定性をさらに強化しています。

他の多くのステーブルコインと比較して、市場の変動に対する耐性が高く、安定した価値を維持しやすいというメリットがあります。

価値担保を正当に整備している

TrueUSD(TUSD)は、その独自の金融構造を通じて、暗号通貨市場で安定した価値を提供するステーブルコインです。
この安定性は、信託会社に保管された等価の米ドルによって各TUSDトークンが裏付けられていることに基づいています。このシステムにより、TUSDユーザーはトークンを1対1の比率で米ドルに交換する権利を持っています。

TrueUSDの流通量の管理と価値の安定性は、米ドルとの交換時にTUSDトークンをバーン(焼却)するメカニズムによって支えられています。
このプロセスは、市場の変動に左右されることなくTUSDの価値を安定させ、流通量が担保資産を超えないように保証します。

TUSDの価値安定性は、デジタル通貨市場における信頼性の高いステーブルコインとしての地位を確立しており、投資家やユーザーにとって重要な選択肢となっています。

TrustToken社による厳格な監査と資産管理

TrueUSD(TUSD)の運営において、TrustToken社はその堅牢なガバナンスと透明性の高い管理システムでステーブルコイン市場における信頼性を確立しています。
この信頼性は、定期的な外部監査と資産の分散管理によって強化されています。TrustToken社は、TUSDトークンと対応する資産の1対1の関係を保つために継続的な監査を実施しています。

TrustToken社は、複数の信託会社との提携により担保資産を分散して管理し、高いセキュリティレベルを維持しています。
この分散管理は、シングルポイントのリスクを軽減し、ユーザーの資産を効果的に保護します。

さらに、TrueUSDの取引履歴はブロックチェーンに記録され、API連携を通じて透明性を実現しています。この高い透明性は、投資家やユーザーにとっての信頼性を強化し、市場でのTUSDの地位をさらに固めています。

仮想通貨取引の基軸通貨としての活用できる

TrueUSD(TUSD)は、その価値が米ドルに連動しているため、仮想通貨取引における基準通貨の役割を果たしています。この連動性により、ビットコインなどの他の仮想通貨をTUSDで取引する際に、ドル換算が容易になります。
TUSDは仮想通貨市場での取引を効率化することで、ユーザーに信頼性と便利性をもたらしています。

TUSDの安定した価値基準は、市場における取引の簡素化と明確な価格設定を支援し、投資家やトレーダーにとって重要なツールとなっています。

TrueUSDの米ドル連動性は、デジタル通貨市場における透明性と計算のしやすさを提供し、投資家がより明確な投資決定を下すのを助けます。
TUSDの基軸通貨としての利用は、市場における効率的な取引と価値の安定性をサポートし、デジタル通貨市場の成長と発展に貢献しています。

ブロックチェーンによる送金手数料が安い

ブロックチェーン技術の活用により、伝統的な銀行を介した国際送金と比較して、手数料を大幅に削減することが可能です。特に、マイクロペイメントや小額送金においては、ブロックチェーンの効率性とコスト効率の高さが顕著に現れます。

ブロックチェーンのコスト効率の良さは、デジタル通貨市場の普及において重要な要素です。
この技術による送金の手数料削減は、伝統的な金融システムにおける手数料の高さを解消し、より多くの人々が低コストでの送金を利用できるようになることを意味します。
ブロックチェーン技術を活用した送金は、デジタル通貨市場の成長と拡大において重要な役割を果たし、金融アクセスの平等化に貢献する可能性があります。

ブロックチェーンとの互換性及び、多様なプラットフォームでの使用拡大

TrueUSD(TUSD)は、イーサリアム、バイナンススマートチェーン(BSC)、Algorandなど、多様なブロックチェーンプラットフォームとの高い互換性を有しています。
この互換性は、TUSDの使用範囲を広げ、異なるブロックチェーン間での柔軟な取引を可能にしています。これにより、ユーザーはTUSDを利用する際に多彩な選択肢を持つことができます。

TrueUSDのブロックチェーン間の高い互換性は、デジタル通貨市場における柔軟性と利便性を高め、TUSDの普及と成長に貢献しています。
異なるブロックチェーンプラットフォームでのTUSDの使用は、暗号資産取引の可能性を拡げ、デジタル通貨の進化に重要な役割を果たしています。

ステーブルコイン TrueUSD(TUSD)保有のデメリットとリスク

発行元(TrustToken)の取引処理能力に限界がある

イーサリアム(ETH)の利用者数と取引量の増加に伴い、その処理能力の限界が重要な課題として浮上しています。ネットワークの混雑時には、取引処理の遅延やガス料金の上昇が発生するリスクがあります。
これはイーサリアムのスケーラビリティ(拡張性)に関する深刻な問題であり、その解決はイーサリアムの今後の発展にとって不可欠です。

今後の需要の拡大に向けて、イーサリアムのスケーラビリティの改善は重要な課題となっています。
この記事を通じて、イーサリアムのスケーラビリティ問題に対する理解を深め、デジタル通貨市場におけるイーサリアムの将来的な発展の可能性を探ります。
イーサリアムの処理能力の限界とその改善は、デジタル通貨の進化において重要な側面であり、市場参加者や開発者にとって重要な情報となります。

テーブルコイン市場への法規制の影響を受けている

ステーブルコイン市場、特にTrueUSD(TUSD)を含むステーブルコインは、金融当局による規制強化の影響を大きく受けています。
2022年5月のUST(TerraUSD)の価値乖離事件は、暗号資産市場に大きな暴落を引き起こし、その結果、世界各国でステーブルコインに対する規制が強化されています。

日本では2023年6月の改正資金決済法の施行により、ステーブルコインの取り扱いに関する新たな規制が導入されました。
また、アメリカでは連邦準備理事会(FRB)や証券取引委員会(SEC)などの金融規制当局がステーブルコインに対する監督を強化しています。

ステーブルコインに対する国際的な規制動向は、市場の成長と進化に重要な影響を及ぼすため、投資家や市場参加者にとって重要な情報源となります。
ステーブルコインに対する規制強化は、暗号資産市場における透明性と安全性の確保に貢献する一方で、その展開と活用に一定の制約をもたらす可能性があります。

ブロックチェーンの送金速度が遅延する可能性

ブロックチェーン技術の処理速度は、送金時間に大きな影響を与えることがあり、特に即時送金が求められる場合には最適な解決策とは言えない場合があります。
イーサリアムのネットワークが混雑している際には、送金処理に時間がかかることがしばしば発生します。

最近ではブロックチェーン技術の進歩により、処理速度の改善が進んでいるものの、イーサリアムのような大規模なブロックチェーンでは混雑時の遅延を完全に回避することは難しい現状があります。

ステーブルコイン TrueUSD(TUSD)の将来性

ステーブルコイン市場の成長とTrueUSD(TUSD)の機会

  • ステーブルコイン市場は今後も拡大が見込まれ、その中でTrueUSD(TUSD)も重要な成長機会を迎えることが期待されます。この市場の拡大は、TUSDのさらなる普及とその価値を高める可能性を秘めています。
  • 実際の利用増加に伴い、TUSDは投資対象としての位置付けを強化し、その認知度も向上する見込みです。

分散型金融(DeFi)や非代替トークン(NFT)でのTUSDの活用

  • 分散型金融(DeFi)や非代替トークン(NFT)市場において、TUSDの利用が加速しています。
    これらの分野では、ステーブルコインが中心的な役割を果たし、TUSDの重要性がさらに増すことが予想されます。

TrustToken社の他通貨への対応拡大

  • TrustToken社は、TUSDの対応範囲を米ドルに限らず他の主要通貨にも拡大する計画を進めています。
    これにより、ユーロ、英ポンド、日本円など他の法定通貨への対応が期待され、TUSDの利用可能性が大幅に広がる見通しです。

これらの展開は、TrueUSDがステーブルコイン市場における重要な位置を確立し続けることを示しており、その将来的な成長に大きな影響を与える可能性があります。
特に、DeFiやNFTのような新しい金融技術との相互作用は、TUSDの市場価値と普及に重要な役割を果たすと見込まれます。
TrustToken社による他通貨への対応拡大は、TUSDをより多様な市場とユーザーに向けてアピールする機会を提供します。

ステーブルコイン TrueUSD(TUSD)とTether(USDT)の比較

ステーブルコインの世界では、TrueUSD(TUSD)とTether(USDT)が重要なプレーヤーですが、これらのコインは発行元や時価総額において顕著な違いを持っています。

あわせて読みたい
USDT(テザー)とは?ステーブルコインとしてのメリットと投資時のデメリット 【ステーブルコイン USDT(テザー)の特徴】 USDT(テザー)は、Tether Limited社により開発された、世界で最初に登場したステーブルコインです。米ドルと同等の価値を...

発行元の信頼性の違い

  • TrueUSDはTrustToken社によって発行され、その米ドルの準備金は複数の信託会社によって管理されています。この構造は、定期的な外部監査を通じて高い透明性を実現しています。
  • 一方で、Tether(USDT)はTether社によって発行されており、過去に裏付け資産の透明性に関する問題が指摘されています。

時価総額における差異

  • 2023年10月現在、USDTの時価総額は約12.6兆円で、全暗号資産中で第3位に位置しています。TUSDは約5,000億円で22位にランクされています。
  • USDTは市場参入が早く、その先行者利益を活かして広範な認知度と流通量を確保しています。対照的に、TUSDは市場参入が遅れ、スタート時の時価総額が低かったことが影響しています。
  • USDTの大きな時価総額は、市場での長い歴史と広範な普及に起因しています。

しかし、TUSDも市場シェアを着実に伸ばしており、今後USDTとの差を縮める可能性があります。

シェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

執筆担当

弊社スタッフは、株式、暗号資産、外国為替取引(FXトレード)など、多岐に渡る分野での経験を積んでいます。
世界中のFXブローカーとの実務経験を通じて、深い知見を蓄えてきました。この豊富な経験を活かし、各FXブローカーのサービスを独自の視点で徹底分析。
実際のユーザーの声を基にした、透明性の高いレビューを提供することに専念しています。

目次