ステーブルコインとは?多様な種類をわかりやすく解説

ステーブルコインは、ビットコインやイーサリアムなどの価値変動が激しい暗号資産とは異なり、安定した価値を持つ通貨として設計されています。 これらのコインは、米ドルや金などの安定した価値を持つ法定通貨やコモディティに価値を連動させることを目的にしています。 この記事では、ステーブルコインの世界における代表的な21種類のコインを詳細に紹介します。 各ステーブルコインがどのように価値を維持しているのか、そしてそれぞれが持つユニークな特性や利点を深く掘り下げて解説します。

ステーブルコインは、ビットコインやイーサリアムなどの価値変動が激しい暗号資産とは異なり、安定した価値を持つ通貨として設計されています。
これらのコインは、米ドルや金などの安定した価値を持つ法定通貨やコモディティに価値を連動させることを目的にしています。

この記事では、ステーブルコインの世界における代表的な21種類のコインを詳細に紹介します。
各ステーブルコインがどのように価値を維持しているのか、そしてそれぞれが持つユニークな特性や利点を深く掘り下げて解説します。

ステーブルコインは、暗号資産市場における安定性と信頼性を提供する重要な役割を担っています。
この記事を通じて、ステーブルコインの多様な種類とその特性を理解し、市場での役割と影響を探ります。

それぞれのステーブルコインの特徴を理解することは、投資家や市場参加者にとって価値ある情報となり、適切な投資戦略を立てるための基礎知識を提供します。

目次

ステーブルコインとは?

ステーブルコインは、デジタル通貨界の新たな波を代表し、その価値が法定通貨や他の安定した資産に連動する特性を持っています。以下はステーブルコインの主要な特徴です。

  1. 価値の安定性
    ステーブルコインの価値は、発行量と市場流通量が連動することで安定し、価値の揺れ動きが少ないため、投資家に安心感を提供します。
  2. 担保資産の重要性
    ステーブルコインは、法定通貨などの担保資産を持ち、これによって価値の安定を保証します。供給量の調整により価格の安定が維持されます。
  3. 送金の効率性とアクセシビリティ
    ステーブルコインは瞬時に送金が可能で、低コストで国際的に利用できるため、利便性が高いです。
  4. 代表的なステーブルコイン
    米ドルにペッグされたUSDT(テザー)、USDC(USDコイン)、BUSD(バイナンスUSD)などがあります。これらは発行組織によるドル準備金の保有と買い戻し保証があります。
  5. 市場での役割
    ステーブルコインは海外の仮想通貨取引所で主要取引通貨として利用され、BTCやETHなどボラティリティの高い通貨の代替決済手段として地位を確立しています。
  6. 未来展望
    ブロックチェーン分野のインフラとして、ステーブルコインは世界中での普及が期待されます。

このように、ステーブルコインはデジタル通貨の世界で不可欠な要素であり、その安定性と便利さが暗号資産市場の発展に大きく寄与しています。

ステーブルコインの種類について

ステーブルコインの世界は、その多様性と技術的革新で知られており、法定通貨連動型、暗号通貨連動型、コモディティ連動型、アルゴリズム型といった様々なタイプが存在します。
それぞれに独自の特性を持ち、代表例を通じてその特徴を紹介します。

法定通貨連動型

法定通貨連動型ステーブルコインは、暗号資産市場で重要な役割を担い、USDT(テザー)、USDC(USDコイン)、BUSD(バイナンスUSD)などが代表的な例です。
これらのステーブルコインが法定通貨の価値にどのように連動し、デジタル通貨の安定性と利便性を提供しているかを詳しく探ります。

これらのステーブルコインは、ブロックチェーン技術を活用しつつ、米ドル等の法定通貨と等価な資産を保有することで価値の安定を維持しています。
この価値の安定性は、投資家に資産価値の保全を提供し、また国境を越えた低コストで迅速な送金の利点も持ちます。

特にUSDTは市場での流通量が最大で、多くの国際的な暗号資産取引所で広く使用されています。ただし、発行体の透明性に対する懸念が存在します。
一方でUSDCは、定期的な監査レポートの公開を通じて透明性を高め、市場の信頼を獲得しています。

暗号通貨連動型

暗号通貨連動型ステーブルコインは、仮想通貨市場の価格変動に対応するために、100%から200%の範囲で過剰な担保を設定し、市場の変動に対する強い安定性を提供します。
このタイプのステーブルコインの中で、特に注目されているのがDAIです。

DAIは、分散型金融(DeFi)プロジェクトであるMakerDAOによって運営され、イーサリアムなどの複数の暗号通貨を担保として利用します。
これにより、仮想通貨特有の価格変動リスクを軽減し、市場の不安定さに強い安定性を実現しています。

DAIの最大の魅力は、分散型で非中央集権的な特性を持つ暗号通貨のプラットフォームを活用しつつ、安定した価格を提供することです。特にDeFiの分野での需要が今後さらに高まることが期待されています。

アルゴリズム型(無担保型)

アルゴリズム型ステーブルコインは、担保資産を持たないユニークな運用方式を採用しています。
このタイプのステーブルコインは、供給量の調整を通じて価格を1ドルなどの目標値に維持するというメカニズムに特徴があります。
しかし、この方法はシステムの不安定さや崩壊のリスクを高める可能性があるという重要なデメリットも持っています。

このカテゴリーの代表的な例として、UST(テラUSD)があります。2022年5月には、このアルゴリズムに基づく価格調整システムが機能不全に陥り、価値の大幅な乖離が発生しました。
これは、アルゴリズム型ステーブルコインの潜在的なリスクを示す事件でした。

アルゴリズム型ステーブルコインは、理論上は理想的な通貨システムを実現する可能性を持っていますが、失敗するとその影響は甚大です。

コモディティ連動型

コモディティ連動型ステーブルコインは、現物商品市場へのアクセスを提供し、投資家にとって魅力的な選択肢となっています。
代表例として、金に連動するPAXGや原油に連動するOILが挙げられます。
これらの通貨は、対応するコモディティを発行体が保有することで信用を確保し、投資家による商品投資の小口化を可能にします。この仕組みにより、より少ない資本でコモディティ市場への参入が可能となります。

金に連動するステーブルコインは、特にインフレヘッジとしての効果が高く、安定した価値保存手段としての需要が増加しています。
市場分析によると、このトレンドは今後も続く見込みです。
一方で、原油など市況変動の影響を受けやすいコモディティ連動型ステーブルコインを利用する際には、その変動性に注意が必要です。
投資家は、これらのステーブルコインを通じて、リスクとリターンのバランスを考慮しながら、商品市場に参入する新たな方法を見出すことができます。

ステーブルコイン(米ドル連動型)

ステーブルコイン市場は、その安定性と予測可能性から、特に米ドルに連動するステーブルコインが高い人気を誇っています。
これらのコインは、暗号通貨投資家やトレーダーにとって安全な選択肢となっており、市場の動向や価格の変動性を抑えるための重要な役割を果たしています。
以下では、このセグメントで注目を集めているいくつかの主要な銘柄について紹介します。

USDT(テザー)

USDT(テザー)は、2015年にテザー社によって発行された米ドル価格に連動するステーブルコインであり、2023年12月時点で仮想通貨市場における時価総額第3位の地位を確保しています。
特に、世界中の多くの暗号通貨取引所で基軸通貨としての重要な役割を担っています。

USDTは、その安定性と流動性の高さで知られており、米ドルと価格が連動することで、投資家に安心感を提供しています。
このステーブルコインは、国際的な取引の基準となる通貨として、広く利用されています。
しかし、2018年にはUSDTの裏付け資産の透明性に疑問が提起され、その信頼性に影響を与えました。
この問題は、投資家や市場関係者の注目を集め、ステーブルコインの運営における透明性と説明責任の重要性を浮き彫りにしました。

USDTの特徴を要約すると、以下の通りです。

  • 2015年から運営されている米ドル連動型ステーブルコイン
  • テザー社による運営で、仮想通貨市場で高い時価総額を維持
  • 多くの国際取引所で基軸通貨としての地位を確立
  • 裏付け資産の透明性に関する疑問が提起されている

テザーは、その歴史の長さと取引量の大きさにより、ステーブルコイン市場における主要な役割を果たしていますが、運営の信頼性に関する継続的な監視が必要です。

あわせて読みたい
USDT(テザー)とは?ステーブルコインとしてのメリットと投資時のデメリット 【ステーブルコイン USDT(テザー)の特徴】 USDT(テザー)は、Tether Limited社により開発された、世界で最初に登場したステーブルコインです。米ドルと同等の価値を...

USDC(USD Coin)

USDCは、2018年にサークル社とCoinbaseによって開発された米ドル価格に連動するステーブルコインで、特にその高い透明性で市場から高く評価されています。
2023年12月時点で、USDCは仮想通貨市場において時価総額第7位を誇り、DeFi(分散型金融)分野での採用も急速に拡大しています。
DAIなどの他のステーブルコインの担保資産としても利用されている点が、その信頼性をさらに強化しています。

USDCの裏付け資産は、現金および短期米国債に限定されており、これらの資産構成は公開されています。この透明性は、投資家や市場参加者からの信頼を得る重要な要素となっています。
このステーブルコインは、以下の主な特徴を持っています。

  • サークル社とCoinbaseによる共同開発による米ドル連動型ステーブルコイン
  • 2018年からの発行で、仮想通貨市場での時価総額第7位を維持(2023年12月時点)
  • 裏付け資産の構成を公開し、高い透明性を確保
  • DeFi領域での広範な活用

USDCは、その信頼性と透明性を基盤に、仮想通貨市場で継続的に重要な役割を果たしています。今後も、このステーブルコインのさらなる利用拡大と市場での地位の強化が期待されています。

あわせて読みたい
USD Coin(USDC)とは? / 米ドルペッグのステーブルコインの仕組みや安定性と将来性 USD Coin(USDC)は、米ドルにペッグされた価値を持つステーブルコインで、その価格の安定性はデジタル通貨市場での決済手段や基軸通貨としての利点を提供します。 この...

TUSD(TrueUSD)

TUSDは、TrustToken社によって運営される米ドルステーブルコインで、2018年の発行以来、その透明性と安定性により投資家や市場参加者からの信頼を獲得しています。
このステーブルコインは、米ドルと同等の価値を保持するように設計されており、安定した供給を維持しています。

TUSDの運営は、法定通貨と同等の担保を維持し、月次での監査と報告書の定期的な公開を通じて透明性を確保しています。
この堅実な運営体制は、TUSDの信頼性を高め、ステーブルコイン市場における重要な役割を果たしています。以下に、TUSDの主要な特徴をまとめます。

  • TrustToken社によって運営される米ドルステーブルコイン
  • 2018年からの発行開始以来、運営実績を積み重ねている
  • 法定通貨と同等の担保を月次で監査し、高い透明性を提供
  • 安定した供給を長期間維持

信頼性と透明性を備えたTUSDは、ステーブルコイン市場において確固たる地位を確立しています。
これらの特性は、ステーブルコイン市場の重要な要素であり、TUSDは今後も市場での堅調な需要を維持することが期待されています。
このステーブルコインは、その信頼性と堅実な運営により、市場のニーズに応える鍵となる存在として注目されています。

あわせて読みたい
TUSD(TrueUSD)とは?USDTの違いやメリットやデメリット、そして潜在的なリスク TrueUSD(TUSD)は、TrustToken社により2018年3月に発行されたステーブルコインです。ステーブルコインは、価値が特定の法定通貨に紐づけられている暗号資産で、TUSDは...

FDUSD

FDUSDは、2022年に香港の金融企業First Digitalによって発行された新しい米ドルステーブルコインで、その運営の透明性と安定性により、ステーブルコイン市場で注目を集めています。
香港金融当局の承認を得て運営されており、資産と運営の分離、および透明性の高い月次報告システムを特徴としています。

FDUSDは、バイナンスを含む多くの主要な暗号通貨取引所で取り扱われており、その利便性と信頼性により、急速に市場での地位を確立しています。
運営面での信頼性が実績として蓄積されていることから、今後も利用拡大が期待されています。
以下に、FDUSDの主要な特徴をまとめます。

  • 2022年にFirst Digital社によって発行された米ドルステーブルコイン
  • 香港金融当局の承認を受けて安定した運営を実現
  • 資産と運営の分離、透明性の高い月次報告が特徴
  • バイナンスをはじめとする多くの取引所で上場

FDUSDは、その新しいアプローチと高い運営基準により、ステーブルコイン市場に新たな選択肢を提供しています。
このステーブルコインは、透明性と信頼性を重視する市場のニーズに応えることで、今後も成長が期待される注目の資産です。

DAI

DAIは、仮想通貨エコシステムにおいて重要な役割を担うステーブルコインで、イーサリアム(ETH)、ベーシックアテンショントークン(BAT)などの仮想通貨を担保として使用しています。
このステーブルコインは、DeFi(分散型金融)市場で高く評価されており、過剰担保や強制決済のメカニズムを採用することで価格の安定性を確保しています。

DAIの運営システムは、リスク分散のために複数の仮想通貨を担保資産として利用し、担保価値が低下した際には自動的に強制決済が行われる仕組みを備えています。
これにより、ステーブルコインとしての信頼性と安定性が維持されています。
以下にDAIの主な特徴を要約します。

  • イーサリアムやベーシックアテンショントークンなどを担保に使用
  • 複数の仮想通貨を担保にして過剰担保を実施
  • 強制決済機能による価値の安定化メカニズム
  • 仮想通貨エコシステムとの高い互換性

DAIは、そのユニークな運営メカニズムと高い互換性により、DeFi市場で重要な位置を占めています。堅実な需要が保たれており、今後も仮想通貨業界での重要性の増加が期待されています。
このステーブルコインは、DeFi市場でのニーズに応える革新的なソリューションとして、注目を集めています。

あわせて読みたい
ステーブルコイン DAI(Dai)とは?伝統的な法定通貨に依存しない革新的な仕組み DAIステーブルコインは、伝統的な法定通貨に依存せずに設計された、新しいタイプのステーブルコインです。米ドルの価値と連動するこの独特なステーブルコインは、デジタ...

USDP

USDPは、Paxos社によって運営される米ドルステーブルコインであり、その信頼性と透明性により、ステーブルコイン市場において重要な役割を果たしています。
2018年に設立されて以来、米国当局の厳格な監督下での運営と、担保資産と運用の分離による高い透明性を実現しています。これらの特性は、月次報告を通じてさらに強化されています。

USDPは、米国内外の主要な暗号通貨取引所で広く取り扱われており、安定した供給と堅実な運営により、市場での地位を確立しています。
以下にUSDPの主要な特徴をまとめます。

  • Paxos社によって運営され、米国当局の承認を受けた米ドルステーブルコイン
  • 2018年の設立以来、安定した供給を継続
  • 担保資産と運用の分離、月次報告による透明性の高い運営
  • 米国内外の主要取引所で広範に取り扱われている

比較的新しいながらも、USDPはその信頼性と透明性を基盤に、暗号通貨市場での重要性を着実に拡大しています。
今後も、このステーブルコインは市場においてさらに重要な役割を果たすことが期待されており、暗号通貨業界での影響力を強化していくでしょう。

PYUSD

PYUSDは、Paxos Trust Companyによって発行された米ドル連動型ステーブルコインで、PayPalプラットフォームで使用可能なことが特徴です。
このステーブルコインは、米国当局による厳格な規制と監督の下で運営されており、担保資産の保全と運用の透明性に重点を置いています。
毎月の運用報告書を公開することで、その高い信頼性をアピールしています。

PYUSDは、消費者保護と詐欺防止の面でもメリットを提供しており、特に決済分野においてその普及が大いに期待されています。
以下にPYUSDの主要な特徴をまとめます。

  • PayPalプラットフォームで使用可能な米ドル連動型ステーブルコイン。
  • Paxos Trust Companyが発行し、米国当局の監督下で運営。
  • 担保資産の保全と運用の透明性が非常に高い。
  • 2023年8月のサービス開始以来、大きな期待を集めている。

PYUSDは、その透明性と安全性を武器に、決済業界における革新的な進展として注目されています。
デジタル通貨の普及において重要な役割を果たし、今後も決済分野をはじめとするさまざまな領域での採用が期待されています。
このステーブルコインは、決済業界の未来を形作る鍵として、業界全体の注目を集めています。

ステーブルコイン(日本円連動型)

日本円に連動するステーブルコインは、米ドル連動型のステーブルコインに比べると数は少ないものの、市場に存在し、特に日本円を基準にした取引を希望するユーザーにとって有用な選択肢を提供しています。
これらのステーブルコインは、日本円の価値に基づく安定した取引を可能にし、日本のユーザーや日本円を取引通貨として利用したい国際的なユーザーに適しています。

日本円連動型ステーブルコインは、日本国内および国際市場における日本円の流動性とアクセスを向上させる役割を果たしています。
このようなステーブルコインは、日本の投資家や企業にとって特に魅力的であり、国際取引やデジタル資産市場における多様性を促進しています。
日本円に連動するステーブルコインの存在は、暗号通貨市場の拡大と多様化に貢献しており、特定の通貨圏のニーズに応える重要な選択肢となっています。

JPYC

JPYCは、日本国内で初めて発行された日本円連動型のステーブルコインであり、前払式支払手段(プリペイド)を採用している点が特徴です。
このステーブルコインはイーサリアム、Polygon、Avalancheなどの主要なブロックチェーンプラットフォームに対応しており、その累計発行額は15億円を超える規模に成長しています。

JPYCは、日常生活での使用にも便利な特徴を持ち、VISAのプリペイドカード「Vプリカギフト」やギフトサービス「giftee Box」との交換が可能です。
この利便性と実用性により、日本の暗号通貨市場で注目を集めています。
以下にJPYCの主要な特徴をまとめます。

  • イーサリアムなどの主要ブロックチェーンで使用可能な日本円連動ステーブルコイン
  • 前払式支払手段を採用し、未成年者も購入可能
  • 公式サイトから日本円で直接購入可能
  • 累計発行額が15億円を超える比較的大規模な運用
  • Vプリカギフトやgiftee Boxへの交換オプションあり

JPYCは、その多機能性と利便性により、日本のステーブルコイン市場に革新をもたらしており、幅広いユーザー層に受け入れられています。
このステーブルコインは、日本円に基づくデジタル取引のニーズに応える重要な役割を果たしており、暗号通貨市場の多様化に貢献しています。

GYEN

GYENは、GMOインターネットの子会社であるGMOトラストによって発行された日本円連動型のステーブルコインで、アメリカの規制に準拠しています。
2023年11月時点での流通量は27億円を超え、特に海外の暗号通貨市場での知名度と採用が進んでいます。Coinbaseを含む主要な取引所で取り扱われていることが、GYENの大きな特徴です。

以下にGYENの主な特徴をまとめます。

  • GMOトラストが発行する日本円連動型ステーブルコイン
  • 米国の規制に準拠し、Coinbaseなどの主要取引所で上場
  • 2023年11月時点での流通量は27億円を超える
  • 日本国内では法規制のため基本的に利用できないが、海外での使用が進んでいる

このステーブルコインは、日本発のデジタル通貨として海外でのプレゼンスを高めており、その特異性から貴重な事例として業界内外から注目されています。
GYENは、国際的な暗号通貨市場において日本円の価値と利便性を提供する重要な役割を果たしており、今後のさらなる発展が期待されています。

Progmat Coin

Progmat Coinは、日本のデジタル経済に革新をもたらす次世代の決済プラットフォーム「Progmat」専用の日本円連動型ステーブルコインです。
このプロジェクトは、三菱UFJ銀行、みずほ銀行を含む100社以上の大手金融機関が参加しており、民間企業と政府機関の協力による国産プロジェクトとして業界内外から大きな注目を集めています。

Progmat Coinの主要な特徴を以下にまとめます。

  • 三菱UFJ銀行やみずほ銀行など、100社以上の大手金融機関が参加
  • Progmatという次世代決済プラットフォーム専用に開発
  • パーミッションレス型ブロックチェーン対応も計画中
  • 官民一体となった日本発のステーブルコイン基盤の整備が進行中

このプロジェクトは、民間企業と政府関連機関からの支援を受けており、日本国内でのステーブルコイン基盤の構築に向けて着実な進展を遂げています。
Progmat Coinは、今後の日本のデジタル経済において重要な役割を果たすことが期待され、その発展と普及に向けた動向が業界内外で注目されています。
このステーブルコインは、日本のデジタル通貨市場に新たな可能性を提供し、金融テクノロジーの革新を牽引する重要な要素となりつつあります。

DCJPY

DCJPYは、日本の金融システムに革命をもたらす可能性を持つ、新しいデジタル通貨です。
日本円と1対1の比率で価値が連動するこの銀行発行のデジタル通貨は、三菱UFJ、みずほ銀行をはじめとする100社以上の主要な金融機関や企業が参加する官民一体型のプロジェクトとして展開されています。
ブロックチェーン技術の導入と信頼性の高い運営体制がDCJPYの主要な強みです。

以下に、DCJPYの主要な特徴をまとめます。

  • 三菱UFJ、みずほ銀行など100社以上の金融機関が参加している
  • 日本銀行や金融庁などの政府機関がオブザーバーとして関与している
  • ブロックチェーン技術を活用し、高い運営信頼性を提供
  • 法定通貨に匹敵する安定性と信用力を持つ

政府の背景を持つDCJPYは、日本発のステーブルコインとして金融システムにおいて重要な役割を果たし、法定通貨としての機能を期待されています。
このプロジェクトは、日本のデジタル経済の発展において重要な位置を占め、その成長と普及が注目されています。
DCJPYは、日本のデジタル通貨市場において新たな可能性を開くと同時に、国際金融の新時代を象徴する存在となっています。

ステーブルコイン(人民元連動型)

中国の市場では、仮想通貨に対する厳格な規制が存在するものの、人民元と価値が連動するステーブルコインが流通していることが注目されています。
この現象は、仮想通貨の規制とデジタル通貨の需要のバランスを示しており、特に中国におけるデジタル資産市場の独特な動向として重要です。

CNHT

CNHTは、テザー社が2023年9月に新たに発行した人民元(オフショア人民元)連動型のステーブルコインで、中国と国際金融市場の間で重要な役割を果たすことが期待されています。
当初はBitfinex取引所でのみ取り扱われていましたが、その後、Huobiなど他の主要な取引所でも取引が開始され、利用範囲が広がっています。

以下にCNHTの主要な特徴を要約します。

  • 2023年9月にTether社によって発行された人民元連動型ステーブルコイン
  • 最初はBitfinex取引所でのみ取り扱われ、その後他の取引所にも拡大
  • 大手取引所の一つであるHuobiでも取引が可能
  • 人民元建ての資産運用ニーズに応える可能性を持つ

中国は資本規制が強い経済大国であり、CNHTは中国本土と海外の資金移動の制限を乗り越える新たな手段として、また人民元建ての投資ニーズに応える手段として注目されています。
このステーブルコインは、中国と国際金融市場の架け橋としての役割を果たし、今後のデジタル経済においてますます重要な存在になることが予想されます。
CNHTは、国際的な暗号通貨市場と中国の金融市場を結びつける革新的なステップとして、業界内外からの注目を集めています。

CNHC

CNHCは、2021年に発行された革新的な人民元連動型ステーブルコインで、特に国際的な送金や輸出入取引の決済に特化しています。
このステーブルコインは、発行時に複数の投資会社から1,000万ドル規模の資金を調達し、市場での期待を高めており、月間取引量が5,000万ドルを超えるなど、成長を続けています。

以下にCNHCの主要な特徴をまとめます。

  • 2021年に発行された人民元連動型ステーブルコイン
  • 国際送金やクロスボーダー決済に特化している
  • 初期投資として1,000万ドルの資金を調達し、月間5,000万ドル以上の取引量を達成
  • イーサリアムと中国版ブロックチェーンConfluxの両方で流通可能

技術的な柔軟性と互換性を持つCNHCは、中国と海外市場をつなぐ重要な資金移動インフラとして機能しており、そのポテンシャルは大きいです。
CNHCは、国際金融市場と中国の経済システムの橋渡しをする新しい通貨として注目されており、今後の成長と普及に向けて業界内外から期待が高まっています。
このステーブルコインは、国際的な取引の効率化と安全性の向上に寄与し、デジタル経済の発展において重要な役割を果たすと予想されています。

BITCNY

BITCNYは、中国人民元と価格がペグされた革新的なステーブルコインで、その裏付け資産として仮想通貨BitSharesを採用しています。
中国本土の厳しい資本規制の中、BITCNYは国際的な資金移動を容易にするための重要な役割を果たしており、特に個人の正当な資産移転のために利用されることが想定されています。

BITCNYの主要な特徴は以下の通りです。

  • BitSharesを裏付け資産とする人民元ペグのステーブルコイン
  • 中国本土と海外間の資金移動を促進するための重要な役割を担う
  • 個人による正当な資産移転に利用されることが主な目的
  • 中国本土における規制緩和に対する期待が存在する

中国で人民元建て取引が許可される可能性が高まるにつれて、BITCNYのブリッジ機能としての価値はさらに高まることが予想されます。
このステーブルコインは、中国と国際金融市場の架け橋としての役割を強化し、デジタル資産の流動性とアクセスを改善することで、中国のデジタル経済に新たな動きをもたらすと期待されています。
BITCNYは、国際的な取引と資産移転の効率化に大きく貢献する可能性を秘めています。

ステーブルコイン(ゴールド / 金連動型)

XAUT

XAUTはテザー社によって発行された金価格に連動するステーブルコインで、1 XAUTが1トロイオンスの金に相当する価値を持つことが特徴です。
この革新的なデジタル資産は、金地金の流動性とブロックチェーンの効率性を組み合わせたものであり、保有者はトークンを物理的な金と交換することが可能です。

XAUTの主要な特徴を以下にまとめます。

  • テザー社によって発行された金価格連動型ステーブルコイン
  • 1 XAUTは1トロイオンスの金と等価
  • トークンを物理的な金と交換することが可能
  • 金地金の流動性とブロックチェーンの効率性を組み合わせた形態

インフレや価値の下落リスクへの対応策として、XAUTは投資ポートフォリオの分散において有力な選択肢となっています。
このデジタル資産は、伝統的な金の安全性と暗号通貨のイノベーションを融合させ、未来の資産管理における重要な役割を果たすことが期待されています。
XAUTは、金融市場における新たな資産クラスとしての地位を確立し、デジタル経済における新しい可能性を提供しています。

PAXG

PAXGはPaxos社が発行する金価格連動型のステーブルコインで、1 PAXGが1トロイオンスの金に相当する価値を持つことが特徴です。このステーブルコインは、実際の金の保有量に基づいて発行量が厳密に管理されており、その運営体制の透明性が市場から高い評価を受けています。

以下にPAXGの主要な特徴をまとめます。

  • Paxos社によって発行された金価格連動型ステーブルコイン
  • 1 PAXGは1トロイオンスの金と等価
  • 透明性が高く信頼性のある運営体制
  • 発行量は実際の金保有量に基づいて厳密に管理される

PAXGは、信頼性と実績を持つ金連動ステーブルコインとして市場において指標的な存在となっており、デジタル資産市場における重要な役割を担っています。
このステーブルコインは、伝統的な金の価値をデジタル化し、新しい形の資産として投資家に提供しています。
今後もPAXGの影響力は増していくことが期待され、デジタル金融市場における新しい動向として注目されています。

ZPG

ZPG(ジパングコイン)は、三井物産の子会社である三井物産デジタルコモディティーズによって発行される金連動型ステーブルコインで、国産のデジタルゴールドとしての位置づけを持っています。
1 ZPGが1グラムの金に等しい価値を持ち、三井物産の高い信用力がこのコインの信頼性を支えています。このステーブルコインは、国内市場で取引可能な唯一の金連動コインとして特別な位置を占めています。

以下にZPGの主要な特徴をまとめます。

  • 三井物産デジタルコモディティーズによって運営される金価格連動型ステーブルコイン
  • 1 ZPGは1グラムの金と同等の価値を有する
  • 国産デジタルゴールドとして展開されている
  • 三井物産の信用力による高い信頼性を備える

日本国内の投資家にとって、ZPGは利用しやすさと運営主体の信用力の高さにより魅力的な選択肢となっています。
このステーブルコインは、デジタル資産市場における新たな金融商品として、国内の投資環境に革新をもたらすことが期待されています。
ZPGは、伝統的な金融商品の安全性とデジタル資産の革新を結びつけることで、日本のデジタル経済の成長に貢献しています。

ラップドトークン

ラップドトークン(Wrapped Tokens)は、異なるブロックチェーン上で元の仮想通貨の価値を保持しつつ使用できるように設計された特殊な仮想通貨です。
この技術は、ブロックチェーン間の互換性と拡張性を高めるために非常に重要であり、異なるブロックチェーンの特性を組み合わせることで暗号通貨の応用範囲を広げています。

たとえば、WBTC(Wrapped Bitcoin)はビットコイン(BTC)をイーサリアムネットワーク上で利用可能にすることで、DEX(分散型取引所)やDApps(分散型アプリケーション)での活用を可能にしています。

以下にラップドトークンの主要な特徴をまとめます。

  • 元の仮想通貨の価値を保持したまま、異なるブロックチェーンで利用可能
  • ブロックチェーン間の互換性と拡張性を向上させる
  • WBTCなどは特定の仮想通貨の価値を他のブロックチェーンで使用可能にする

ラップドトークンは、暗号通貨市場における新たな可能性を開拓する革新的なアプローチとして注目されており、ブロックチェーン技術の機能拡張において重要な役割を果たしています。
この技術は、異なるブロックチェーンの機能を組み合わせることで、暗号通貨の新しい応用範囲を提供し、デジタル資産市場の成長と多様化に寄与しています。

WBTC(ラップドビットコイン)

WBTC(Wrapped Bitcoin)は、ビットコインの価値と1:1の比率でペグされたERC-20トークンで、イーサリアムネットワーク上での利用に特化したステーブルコインです。
DeFi(分散型金融)をはじめとする様々なアプリケーションでの使いやすさが特徴で、WBTCの発行と供給は、市場の需給に応じたカストディアン(保管者)による兌換システムに基づいて行われています。

以下にWBTCの主要な特徴をまとめます。

  • ビットコイン価値に連動するERC-20トークン
  • 1 WBTCは1 BTCの価値を実現する
  • カストディアンによる効率的な発行・兌換システムを採用
  • DeFiを含む多様な用途での利用が拡大中

WBTCは、イーサリアムを基盤とした分散型金融サービスとの互換性が高く、流動性の拡大と利用シーンの多様化により、暗号通貨市場における重要なステーブルコインとしての地位を確立しています。
この技術革新は、暗号通貨市場に新たな可能性をもたらし、金融技術の未来への期待を高めています。WBTCは、デジタル資産市場におけるブリッジ役として、今後も注目される存在です。

WBNB(ラップドバイナンスコイン)

WBNB(Wrapped Binance Coin)は、バイナンスコイン(BNB)と等価値を持つステーブルコインで、主にバイナンススマートチェーン(BSC)上で使用されています。
このステーブルコインは、1 WBNBが1 BNBと同等の価値を保つ構造を持ち、DeFi(分散型金融)サービスへのアクセスを容易にするブリッジとしての役割を果たしています。

以下にWBNBの主要な特徴をまとめます。

  • バイナンススマートチェーンに対応したBNB連動型ステーブルコイン
  • 1 WBNBは1 BNBと等価値を持つ
  • BNBとのスムーズな交換が可能
  • DeFiや他のブロックチェーンプラットフォームとの互換性を高める

WBNBは、BSC上での取引やDeFiアプリケーションでの利用において柔軟性とアクセス性を提供し、暗号通貨市場における多様な取引の可能性を広げています。
このステーブルコインは、ブロックチェーン技術の進化に大きく寄与し、デジタル資産市場において新しい機会を創出しています。WBNBの存在は、暗号通貨とブロックチェーンの可能性を広げ、金融技術の未来に新たな方向性を示しています。

WETH(ラップド イーサリアム)

WETH(Wrapped Ethereum)は、イーサリアムを基にしたERC-20互換のステーブルコインで、イーサリアムの特性を保ちつつ、ERC-20トークンとの完全な互換性を提供します。
このコインは、1 ETHと1 WETHの間で固定レートを維持し、イーサリアムと同じ価値の動きを示しながら、ガス代(手数料)が低いことが大きな特徴です。

以下にWETHの主要な特徴をまとめます。

  • イーサリアムベースのERC-20互換ステーブルコイン
  • 1 ETHと1 WETHは等価値を保つ固定レートを持つ
  • イーサリアムに比べて低いガス代での利用が可能
  • NFTマーケットなどで決済手段として広く利用されている

WETHは、イーサリアムの機能性を維持しながら、コスト効率と処理速度の面で優れた特性を持ちます。
このステーブルコインは、暗号通貨市場やデジタル資産取引における重要な役割を果たしており、特にNFTマーケットなどでの決済手段として広く採用されています。
WETHは、イーサリアムネットワークの潜在能力を最大限に活用し、ブロックチェーン技術の進化に貢献しています。

その他のマイナーステーブルコイン

正式名称連動資産
FRAXFRAX米ドル
sUSDセンティメンタルUSD米ドル
EURSSTASIS EUROユーロ
KRWbKRWb韓国ウォン
CNYTCNY Tether中国人民元
RUBCRUB Coinロシアルーブル
BRLCBRL Coinブラジルレアル
MXNCMXN Coinメキシコペソ
AUDCAUD Coin豪ドル
CADTCAD Tetherカナダドル
OILOIL原油

USDT(テザー)の購入方法

日本国内でUSDT(テザー)を購入するには、国内の仮想通貨取引所で他の仮想通貨を購入し、その後海外の取引所でUSDTに交換する方法が一般的です。

このプロセスは、以下の手順に沿って実施されます。

  1. 日本国内の仮想通貨取引所でアカウントを開設
  2. 国内の取引所に日本円を入金
  3. 国内の取引所でビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などを購入
  4. 海外のUSDTを取り扱う取引所でアカウントを開設
  5. 国内で購入した仮想通貨を海外の取引所に送金
  6. 海外の取引所でUSDTを購入

安全性と信頼性を重視した取引所選びが重要であり、当ブログではユーザーが安心して利用できる取引所の選定について徹底的なリサーチを行い、情報提供を続けていきます。

この方法は、国際的な暗号通貨市場へのアクセスを提供し、投資家に幅広い選択肢をもたらします。
USDTの購入プロセスを通じて、暗号通貨のグローバルな取引環境に参加することが可能となります。

シェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

執筆担当

弊社スタッフは、株式、暗号資産、外国為替取引(FXトレード)など、多岐に渡る分野での経験を積んでいます。
世界中のFXブローカーとの実務経験を通じて、深い知見を蓄えてきました。この豊富な経験を活かし、各FXブローカーのサービスを独自の視点で徹底分析。
実際のユーザーの声を基にした、透明性の高いレビューを提供することに専念しています。

目次