イーサリアム(ETH)とは?暗号通貨革新の先駆け。スマートコントラクトとDappsの世界

イーサリアム(ETH)は、その先進的なスマートコントラクト機能と分散型アプリケーション(Dapps)開発のためのプラットフォームとして、暗号通貨界における注目の存在です。 ETHは、自動化された契約実行、迅速な送金システム、NFT(非代替性トークン)の取引市場といった多様な機能をユーザーに提供しています。 ETHはDappsの開発やトークンの発行における中核的な役割を果たしており、技術の進化に伴い、その可能性は今後も拡大が予想されています。

イーサリアム(ETH)は、その先進的なスマートコントラクト機能と分散型アプリケーション(Dapps)開発のためのプラットフォームとして、暗号通貨界における注目の存在です。
ETHは、自動化された契約実行、迅速な送金システム、NFT(非代替性トークン)の取引市場といった多様な機能をユーザーに提供しています。

ETHはDappsの開発やトークンの発行における中核的な役割を果たしており、技術の進化に伴い、その可能性は今後も拡大が予想されています。

この記事では、イーサリアムの基礎知識、その歴史、ビットコインとの比較、そして保有する際のメリットとリスクについて、詳細に解説します。

あわせて読みたい
ステーブルコインとは?多様な種類をわかりやすく解説 ステーブルコインは、ビットコインやイーサリアムなどの価値変動が激しい暗号資産とは異なり、安定した価値を持つ通貨として設計されています。これらのコインは、米ド...
目次

ステーブルコイン ETH(イーサリアム)の特徴

コインの名称イーサリアム
ティッカーシンボルETH
時価総額約2741億米ドル
時価総額ランキング2位
管理方式分散型
開発者ヴィタリック・ブテリン
発行枚数約1億2018万ETH
発行上限無し
国内取引所での取り扱いあり
購入可能な主な取引所コインチェック
GMOコイン
bitFlyer
DMM Bitcoin
bybit(海外業者)

スマートコントラクト

イーサリアム(ETH)は、その先進的なスマートコントラクト技術によって注目を集めています。
スマートコントラクトは、特定の条件が満たされた場合に自動的に実行されるプログラムで、ETHのブロックチェーン上での取引を透明かつセキュアに行うことを可能にします。この機能により、取引プロセスの効率化やコスト削減、第三者の不正介入によるリスク低減が実現されています。

ETHブロックチェーン上で動作するスマートコントラクトは、条件さえ満たせば誰にでも開放されており、多種多様なサービスへの応用が可能です。
分散型金融(DeFi)、非代替性トークン(NFT)、分散型取引所(DEX)など、ETHを基盤とした革新的なサービスが次々と生み出されています。

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)方式

イーサリアム(ETH)は、2022年9月にプルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)へのコンセンサスアルゴリズムの移行を成功させました。
この変更は「マージ(The Merge)」として知られ、エネルギー効率の大幅な改善をもたらしました。元々、イーサリアムはビットコインと同じくPoW方式を採用しており、大量の電力を消費していましたが、環境への影響が懸念されていました。

新たに採用されたPoS方式では、トランザクションの検証とブロック生成に必要な計算能力が大幅に削減され、代わりにETHの保有量と期間がブロック生成の権利を決定します。
この方式により、イーサリアムの電力消費は99%以上削減され、ブロックチェーン技術の持続可能性に大きく貢献しています。

このマージにより、イーサリアムはエコロジー面で大きく進化し、環境に配慮したデジタル経済の新しい基準として注目を集めています。
この技術的な転換は、イーサリアムの将来性と持続可能性に対する期待をさらに高めています。

発行上限無し

イーサリアム(ETH)は、その供給量に上限がないものの、最近のアップデートにより新規発行量が制限される方向へと進展しています。
2021年8月に実施されたロンドン・ハードフォークにより導入されたEIP-1559は、取引手数料の一部を自動的に焼却(バーン)するシステムを導入しました。
この変更は、ETHの供給量に動的な調整をもたらし、新規発行の抑制に寄与しています。

さらに、2022年9月に実施された「マージ」アップデートにより、ETHの発行方式がプルーフ・オブ・ワーク(PoW)からエコフレンドリーなプルーフ・オブ・ステーク(PoS)へと変更されました。
この移行は、新規ETHの発行量を大幅に減少させ、イーサリアムのエコシステムにおけるETHの希少性を高めることに貢献しています。
結果として、ETHの価値の維持や将来的な価値上昇が期待され、イーサリアムの環境への影響も大きく改善されました。

分散型アプリケーション(Dappa)

イーサリアム(ETH)は、分散型アプリケーション(Dapps)の開発と展開のための主要なプラットフォームとして位置づけられています。
Dappsは、中央集権的な管理者を持たず、ブロックチェーン技術に基づいて構築されたアプリケーションで、その特性からユーザーに改ざんされない高い信頼性のサービスを提供します。

イーサリアムのブロックチェーンとスマートコントラクト技術は、分散型金融(DeFi)サービス、非代替性トークン(NFT)のマーケットプレイス、分散型ソーシャルメディアプラットフォームなど、さまざまなDappsの実現を支えています。
イーサリアムを基盤としたこれらのサービスは、デジタル経済において重要な役割を果たし、その種類と数の増加により、イーサリアムのエコシステムは今後も拡大し続けると予測されます。
この動向は、ETHのさらなる活用と普及に貢献し、イーサリアムの影響力を高めていくことでしょう。

NFTで使用されているプラットフォーム

イーサリアム(ETH)は、非代替性トークン(NFT)の発行と管理を容易にする基盤として、ERC-721規格の採用により大きな役割を果たしています。
NFTは、ブロックチェーン技術によって生み出されるユニークなデジタル資産であり、その独自性と希少性が広範囲にわたる注目を集めています。

ETHのブロックチェーン上でERC-721に基づくNFTスマートコントラクトを活用することで、個人や企業は自分たちのNFTを簡単に作成し発行することが可能です。
この技術は、OpenSea、Raribleなどの主要なNFTマーケットプレイスで広く使用されており、多くのNFT関連プラットフォームがETHを基礎にして構築されています。

NFTの適用範囲はデジタルアート、ゲーム内アイテムからさらに広がり、多様な領域での利用が進んでいます。ETHベースのNFTプラットフォームの地位は、その応用範囲の拡大とともに確固たるものとなり、デジタル資産市場におけるイノベーションの推進力となっています。
将来にわたって、ETHはNFT市場における革新的な発展を牽引し続けることが期待されています。

ETH(イーサリアム)保有のメリット

高速な送金処理

イーサリアム(ETH)は、その高速な送金処理能力で知られています。ETHのブロック生成時間は平均で約15秒と、ビットコインの約10分に比べて著しく速いです。この速さはETHの送金速度に直接影響し、通常、送金処理は10分以内に完了します。

ETHの迅速なトランザクション処理は、小規模な支払いから大規模な取引まで、多様な決済ニーズに適応する能力を持っています。
この特性は、ETHをデジタル決済の分野で特に有用な選択肢として位置づけ、その利便性と実用性を際立たせています。
ETHの高速な送金機能は、日々の取引やデジタル決済におけるユーザー体験の向上に貢献し、ブロックチェーン技術の可能性をさらに拡大しています。

高い流動性を維持

イーサリアム(ETH)は、その広範な採用と市場への浸透により、高い流動性を維持しています。
世界の主要な多くの暗号通貨取引所で取引されるETHは、24時間での取引量が1兆円を超えることがあり、市場のニーズに迅速に対応する柔軟性を備えています。

この高い流動性は、ETHの価格安定性を促進し、他の暗号通貨と比較しても価格の変動が少ない傾向にあります。このため、ETHは支払い手段としての採用が広がっており、デジタル決済や通貨としての利便性が高まっています。
市場の深さと流動性の高さは、ETHが持つ重要な特徴であり、投資家やユーザーにとって安心感を提供し、幅広い使用シナリオでの利用を促進しています。

Dapps開発者にとって高い信頼性と柔軟性

イーサリアム(ETH)は、分散型アプリケーション(Dapps)開発のための理想的なプラットフォームです。
ETHのブロックチェーンとスマートコントラクトを活用することで、開発者は自由にDappsを構築し、運用することが可能になっています。
この利便性とアクセス性により、ETHは分散型金融(DeFi)、NFTマーケットプレイス、分散型ソーシャルメディアといった革新的なサービスのハブとなっています。
ETHの堅牢な基盤は、Dapps開発者にとって信頼性と柔軟性を提供し、今後も新しいDappsの創出に寄与することが期待されています。

NFTの作成及び、売買に使用可能

イーサリアム(ETH)は、ERC721規格を採用することにより、ユーザーが容易にNFT(非代替性トークン)を作成できるプラットフォームとして機能しています。
ETHのブロックチェーン技術は、NFTの発行から管理、取引までの一連のプロセスをサポートし、NFTの透明性とセキュリティを保証します。

また、OpenSea、Raribleなどの主要なNFTマーケットプレイスがETHベースで運営されており、ETHを使用してNFTの購入や販売が行えます。
このような環境が整っているため、ETHはNFT市場における主要な通貨としての地位を確立しており、デジタルアート、コレクタブルアイテム、ゲームアイテムなど、多岐にわたる分野でNFTの取引が活発に行われています。

個人や企業が独自のトークンを簡単に作成し、流通させることを可能

イーサリアム(ETH)の広範な成功の要因の一つは、ERC20トークン規格を採用していることです。
この規格は、個人や企業が独自のトークンを簡単に作成し、流通させることを可能にします。
ERC20トークンは、新規プロジェクトが初期コインオファリング(ICO)を通じて資金を集める手段として非常に効果的です。

また、既存のビジネスも、ETH上で新しいトークンを発行することで資金を調達することができます。
このような柔軟性とアクセシビリティにより、イーサリアムは資金調達とトークンベースの経済活動のための主要なプラットフォームとしての地位を築いています。
ETH上でのトークン発行は、イノベーションと成長のための重要なツールとなっており、多くの新規および既存のプロジェクトにとって貴重なリソースとなっています。

バーンメカニズムによって希少性が保たれやすい

イーサリアム(ETH)は、発行上限が定められていないものの、供給量の制御が効果的に行われています。
この制御は、トランザクション時のガス料金の一部をバーン(焼却)することによって実現されています。
バーンメカニズムの導入により、ETHの供給増加が抑えられ、結果として通貨の希少性が高まっています。
この希少性の向上は、ETHの価値の維持に貢献し、さらに将来的な価格上昇に対する期待感を醸成しています。

このような供給量管理は、ETHの持続可能性と投資魅力を高める重要な要素であり、ETHの将来に対する投資家の信頼と関心を強化しています。

ETH(イーサリアム)を保有のデメリット及びリスク

ETHのスケーラビリティに関する問題点

イーサリアム(ETH)の急速な普及により、ネットワークの処理能力に関する課題が明らかになっています。
利用者の増加と取引量の拡大に伴い、ネットワークが混雑する場面が増え、取引の遅延やガス料金の急騰が生じることがあります。

これらは、ETHのスケーラビリティ、つまりネットワークの拡張性と効率性に関する重大な問題となっています。
イーサリアムの将来的な成長と発展を支えるためには、このスケーラビリティ問題の解決が急務です。
開発チームは、ネットワークの処理能力と効率性を向上させるための技術的改良に着手しており、その進展はETHの持続可能性とユーザー体験の向上に不可欠です。

ガス料金の高騰をもたらす可能性

イーサリアム(ETH)のネットワーク混雑は、ガス料金の高騰をもたらす可能性があり、これはユーザーにとって大きな負担となります。
ネットワークが混雑すると、より高いガス料金を設定した取引が優先され、その結果、ユーザーは通常時よりも高額な手数料を支払う必要が出てきます。
このような状況は、イーサリアムを利用する際のコスト増加というリスクを伴い、ユーザーエクスペリエンスに悪影響を与えます。
そのため、イーサリアムのスケーラビリティ改善は非常に重要であり、ネットワークの効率性を向上させることが、利用者の負担軽減と快適な使用体験の確保につながる重要な要素です。

規制される可能性

分散型金融(DeFi)や新規仮想通貨公開(ICO)は、マネーロンダリング防止や過度な投機を防ぐ目的で、世界各国の規制当局から注視されています。

これらの分野に対する規制が強化されると、イーサリアム(ETH)を含む仮想通貨市場に大きな影響が生じる可能性があります。
特に、ETHはDeFiやICOの主要なプラットフォームであるため、規制強化によりその需要が減少し、価格に下落圧力がかかる恐れがあります。
投資家や市場関係者は、規制の動向に敏感に反応し、将来の市場の方向性を予測する上で、これらの要因を考慮することが重要です。

ETH(イーサリアム)の将来性

イーサリアム(ETH)のスケーラビリティの向上は、ブロックチェーン技術の処理能力を増大させるための重要なステップです。
ブロックサイズの増加、シャーディング技術、レイヤー2ソリューションなど、さまざまな手法が探求されており、これらによってトランザクションの処理速度とセキュリティが高まることが期待されています。
特に、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)への移行による「マージ」後の効果は顕著で、ETH開発チームは手数料市場の最適化やスケーラビリティ対策を重視したアップデートを継続しています。
これらの技術革新は、「The Surge」、「The Verge」、「The Purge」、「The Splurge」という一連のマイルストーンを通じて、ETHの機能をさらに強化するでしょう。

大手企業のETH活用も注目されています。JPモルガンやメタ(旧フェイスブック)などの企業がETHをサービス基盤に採用し、Enterprise Ethereum Allianceに加盟する企業数も増加しています。
これは、ETHの市場需要の拡大に貢献しています。

さらに、ETHはNFTマーケットプレイスやメタバースの分野での使用が拡大しており、OpenSeaなどを通じてNFTの取引が活性化しています。
メタバース内でのデジタルアイテム取引やイベントでのETHの利用も増える見込みです。
これらの進展は、イーサリアムの将来的な成長に大きく寄与する要素であり、ETHがデジタル経済のさまざまな領域で中心的な役割を果たし続けることが予想されます。

ETH(イーサリアム)とBTC(ビットコイン)の違いについて

イーサリアム(ETH)とビットコイン(BTC)は、暗号通貨の世界で独自の用途と特性を持つ二大巨頭です。ETHはスマートコントラクトプラットフォームとしての役割を果たし、分散型アプリケーション(Dapps)の開発に広く用いられています。
一方、BTCはその独自性とシンプルな送金機能に焦点を当て、主に決済手段や価値の保存の手段としての地位を確立しています。

ETHの特徴はその多機能性にあり、スマートコントラクト機能によって条件に基づく自動実行が可能です。これは、BTCには備わっていない機能で、ETHの利用範囲を広げています。
また、ETHには発行上限が設定されておらず、無制限に供給される可能性があります。
これに対し、BTCは最大2100万BTCという確固たる発行枚数上限があり、その希少性が価値を支えています。

さらに、ETHとBTCは採用しているコンセンサスアルゴリズムも異なります。ETHは2022年にプルーフ・オブ・ステーク(PoS)方式へ移行し、環境に優しい取り組みを進めています。
一方で、BTCは引き続きプルーフ・オブ・ワーク(PoW)方式を採用しており、その堅牢性とセキュリティが評価されています。

これらの差異により、ETHとBTCは暗号通貨市場においてそれぞれ独自の役割を担っています。
ETHは開発の柔軟性とエコロジカルな側面が強みで、BTCはデジタルゴールドとしての地位を築いています。
これら二つの通貨は、暗号通貨の分野で相補的な役割を果たし、市場の多様性を豊かにしています。

スクロールできます
ETH(イーサリアム)BTC(ビットコイン)
用途プラットフォーム
Dappsの開発
決済
価値保存
スマートコントラクトあり無し
発行上限無し2100万BTC
コンセンサスアルゴリズムPoSPoW
送金スピード速い
(平均ブロック時間15秒)
遅め
(平均ブロック時間10分)
環境への影響ポジティブネガティブ
シェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

執筆担当

弊社スタッフは、株式、暗号資産、外国為替取引(FXトレード)など、多岐に渡る分野での経験を積んでいます。
世界中のFXブローカーとの実務経験を通じて、深い知見を蓄えてきました。この豊富な経験を活かし、各FXブローカーのサービスを独自の視点で徹底分析。
実際のユーザーの声を基にした、透明性の高いレビューを提供することに専念しています。

目次