すぐわかる「ゼロカットシステム」!メリット、デメリットや禁止事項

海外のFX業者が日本のトレーダーに人気を博している理由は多岐に渡ります。 主な魅力としては、高いレバレッジ、取引の透明性、さまざまな取引オプションの提供があります。 また、ゼロカットシステムや豊富なプロモーションもトレーダーにとって大きなメリットです。 しかし、一方で金融庁の規制が比較的緩いためのリスク、広いスプレッド、詐欺業者の存在、税金処理の複雑さ、言語の障壁なども検討する必要があります。 この記事では、これらの海外FX業者のメリットとデメリットを国内業者との比較を交えつつ、詳細に解説していきます。これにより、トレーダーの皆様がより適切な選択を行うための参考にしていただければ幸いです。
目次

ゼロカットシステムとは?

「ゼロカットシステム」とは、海外FX取引においてトレーダーを大きな損失から守る重要な安全策です。

このシステムは、取引によって発生した損失が口座残高を超えた場合に、業者が介入し口座の残高をゼロにリセットすることにより、トレーダーが元本以上の損失を負うリスクを回避できるように設計されています。
このメカニズムは特に、高リスク取引を行うトレーダーにとっての安全網となり、国内のFX業者では提供されない大きなメリットとなっています。

なぜ海外FX業者は「ゼロカットシステム」を導入できるのか

海外FX業者における「ゼロカットシステム」の設置は、主に2018年に欧州証券市場監督機構(ESMA)が導入した「マイナス残高保護措置」の法制化に起因します。

このシステムは、2015年のスイスフランショックの際にその重要性が顕著に示されました。
当時、多くの海外FX業者がこのシステムを採用していたため、多額の追加資金要求に直面することなく、顧客の財政的安全が保護されました。

ゼロカットシステムは、FX取引における急激な市場変動時にトレーダーが大きな損失を被るリスクを軽減するために設計されています。
リーマンショックやスイスフランショックのような経済危機時にトレーダーが直面する損失の危険を最小限に抑えるために重要な役割を果たします。
このシステムにより、トレーダーは口座残高を超える損失のリスクを心配することなく、安心して取引を続けることが可能です。

あわせて読みたい
専門家が【国内FX】と【海外FX】の違いをメリットとデメリットで解説 海外のFX業者が日本のトレーダーに人気を博している理由は多岐に渡ります。主な魅力としては、高いレバレッジ、取引の透明性、さまざまな取引オプションの提供がありま...

「ゼロカット」、「ロスカット」の違い

FX取引におけるリスク管理の核心にある「ロスカット」と「ゼロカット」は、それぞれ異なる機能を持ちますが、共にトレーダーの資金を保護するために重要な役割を果たします。

ロスカットは、取引中に生じる損失が特定の限界を超えた際に自動的にポジションを閉じることで、さらなる損失の拡大を防ぐ措置です。これにより、トレーダーは設定されたリスク限界内で取引を続けることができ、潜在的な損失をコントロールすることが可能になります。

一方で、ゼロカットは、取引による損失が口座の残高を上回っても、トレーダーに追加出資を求めることなく損失を帳消しにするシステムです。このシステムの主な利点は、トレーダーが口座残高を超える負債を負うリスクがないことで、取引による損失が発生した場合でも、安心して取引を継続できる環境が提供されます。

ゼロカットのメリットと魅力

ゼロカットシステムは、トレーダーに余分な追証の心配をさせずに済むという心の余裕を与えます。
取引において余計な緊張感を得ない事を意識し事するが重要な相場取引においてこの点がかなり大きいのです。

この制度のおかげで、トレーダーは口座の残高を気にすることなく、大胆な取引を通じて大きな収益を狙うことができます。
加えて、トレーダーはどんなに高いレバレッジを使用しても、元本を超える損失は発生しないため、少額の資金でも大きなトレードが可能です。
ハイレバレッジ取引の際は、自分の資金量に見合った取引を心掛けるべきです。

ゼロカットシステムの注意点

ゼロカットシステムを採用する海外FX業者は、トレーダーが口座のマイナス残高を心配することなく取引できる利点を提供しています。
しかし、これらの業者は日本の金融庁による認可を受けておらず、日本の法的枠組みの保護を享受していません。
海外の業者は日本に営業所を持たず、日本の金融規制の対象とはなりません。

よく誤解を受けますが、日本国内での営業は違法にはあたりませんし、日本居住者が使用することは合法です。
しっかりと認知しないといけないのは、トラブルが発生した場合、日本の法律による救済を受けるのは困難です。

「ゼロカットシステム」が絶対に安全とは限らない

海外FX業者が採用している「ゼロカットシステム」は、トレーダーに口座のマイナス残高を気にせず取引することができる大きな利点を提供します。
しかしながら、これらの業者は日本の金融庁による認可を受けておらず、日本の法的枠組みの下での保護を享受していません。これらの海外業者は日本国内に営業所を設けていないため、日本の金融規制の適用対象外です。

一般的な誤解にもかかわらず、日本国内での海外FX業者の営業は違法ではなく、また、日本居住者がこれらのサービスを使用することも合法です。
ただし、重要な点として、万が一トラブルが発生した場合、日本の法律に基づく救済措置を受けるのは困難であるという事実を理解しておく必要があります。
このため、海外FX業者を利用する際には、リスク管理や法的保護の限界を十分に認識し、慎重な判断が求められます。

ゼロカットシステムが適用されない事案

ゼロカットシステムはトレーダーのリスクを軽減するために設計されていますが、その適用には例外が存在し、トレーダーはこれを十分理解する必要があります。

例えば、トレーダーが複数のポジションを保持している場合、一つのポジションで大きな損失が発生しても、他のポジションがまだ保有されている限り、ゼロカットは適用されません。これは、全体の口座残高がマイナスになっていないためです。

また、規約違反の場合、ゼロカットシステムの適用はされないことがあります。たとえば、多くの海外FX業者は、同一通貨ペアに対して複数口座を使用した両建て取引を禁止しています。
これは、売りポジションと買いポジションを同時に持つ行為であり、一方の口座で損失がゼロカットされる一方で、もう一方の口座で大きな利益が生じる可能性があるため、業者にとって不当な損失リスクとなるからです。

その他、市場開始時の取引、経済指標発表時のみの取引、異なる市場の価格差を利用したアービトラージ取引なども規約違反にあたります。これらの違反行為は口座の凍結を招く可能性があるため、トレーダーはこれらの行為を避けるべきです。

【ゼロカット執行タイミング】が業者によって違う

ゼロカットシステムの発動タイミングは、FX業者によって異なるため、トレーダーがこの点を正確に理解することが重要です。ゼロカットシステムが導入されている場合でも、マイナス残高が発生した直後に残高がゼロにリセットされるとは限りません。

例えば、一部の業者ではゼロカットのプロセスが迅速に行われるのに対し、他の業者ではこのプロセスに数時間かかることがあります。さらに、大多数の業者ではゼロカットが自動的に適用されますが、中にはトレーダーが自ら申請しなければゼロカットを行わないケースも存在します。

したがって、FX業者を選ぶ際には、その業者のゼロカットシステムの具体的な適用条件、特に発動タイミングやプロセスを事前に確認し、十分に理解することが極めて重要です。

あわせて読みたい
おすすめ海外FX業者ランキングTOP10!安心・安全な海外FX業者選びと専門家のススメ 日本のFX市場と比較して、海外FXはその高レバレッジ、借金リスクを排除するゼロカットシステム、そして豊富なボーナスオファーといった数々のメリットを提供しています...
シェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

執筆担当

弊社スタッフは、株式、暗号資産、外国為替取引(FXトレード)など、多岐に渡る分野での経験を積んでいます。
世界中のFXブローカーとの実務経験を通じて、深い知見を蓄えてきました。この豊富な経験を活かし、各FXブローカーのサービスを独自の視点で徹底分析。
実際のユーザーの声を基にした、透明性の高いレビューを提供することに専念しています。

コメント

コメントする

目次