Tradeviewの評価や評判 | 幅広いプラットフォーム、最大500倍レバレッジで安全な取引など口コミや実体験を元に徹底解説

Tradeviewは、2004年に設立されて以来、その信頼性と実績で知られるブローカーです。 ケイマン諸島で認可された金融ライセンスを持ち、顧客の資産保護を最優先に考える運営方針で、最大35,000ドルの信託保全を各顧客に提供しています。 この安全性の高さから、多くのトレーダーから信頼されている選択肢の一つとなっています。 以前は上級トレーダー向けの高性能ブローカーとして評価されていたTradeviewですが、近年は競合他社が提供する狭いスプレッドや高いレバレッジに比べて特徴が目立たなくなっています。 それでも、MT4、MT5、cTraderの3種類の取引プラットフォームを提供する点は、さまざまなニーズに応える強みとして高く評価されています。
目次

Tradeviewへの筆者のレビューと総評 / 評価【S】

Tradeviewは、2004年に設立されて以来、その信頼性と実績で知られるブローカーです。
ケイマン諸島で認可された金融ライセンスを持ち、顧客の資産保護を最優先に考える運営方針で、最大35,000ドルの信託保全を各顧客に提供しています。
この安全性の高さから、多くのトレーダーから信頼されている選択肢の一つとなっています。

以前は上級トレーダー向けの高性能ブローカーとして評価されていたTradeviewですが、近年は競合他社が提供する狭いスプレッドや高いレバレッジに比べて特徴が目立たなくなっています。
それでも、MT4、MT5、cTraderの3種類の取引プラットフォームを提供する点は、さまざまなニーズに応える強みとして高く評価されています。

口座タイプによって異なる最大レバレッジは200倍から500倍で、海外FX市場の中では比較的控えめな設定ですが、口座証拠金が10億ドルを超える場合にはレバレッジ制限がないため、大規模な取引に適しています。

また、似た名前の「TradingView」というオンラインチャートサービスが存在しますが、これはTradeviewとは全く異なるサービスですので、混同しないよう注意が必要です。

大規模取引にも向いている柔軟性!高い安全性を担保

Tradeviewのメリットとデメリット

メリットデメリット
口座残高が10億ドルまでの場合、レバレッジに制限がない
ストップレベルゼロ
顧客の資金は最大35,000ドルまで信託保全
法人口座のサポートが充実
多様な取引銘柄を提供
国内銀行送金での入金が可能
追証なしのゼロカットシステムを採用
競合他社に比べて狭いスプレッドを提供
MT4、MT5、cTraderといった複数の取引プラットフォームに対応
基本的にボーナスの提供がありません
レバレッジ設定は比較的控えめ
残高増加に伴うレバレッジ制限あり

Tradeviewのボーナス / 評価【B】

Tradeviewは、一般的なボーナス中心のビジネスモデルを採用する他のブローカーとは一線を画しています。
ボーナスの提供に焦点を置かず、その代わりにトレーダーにとってより有利な取引条件の提供に重点を置いています。
このアプローチは、特に長期的な取引効率とコストパフォーマンスを重視するトレーダーにとって非常に魅力的です。

Tradeviewは顧客が最適な取引環境で安定した取引を行えるようサポートし、市場での成功を促進しています。
この戦略により、Tradeviewは多くのトレーダーから信頼を得ており、金融業界内で独自の地位を築いています。

Tradeviewの取引口座 / 評価【S】

口座開設方法

STEP
開設フォームにアクセス

Tradeviewのリアル口座を開設するためには、まず公式ウェブサイトにある口座開設ページアクセスし、リアル口座開設ページをアクセスしてください。

STEP
取引プラットフォーム、口座タイプ、および通貨を選択し設定


Tradeviewで口座を開設する際、まずは取引プラットフォーム、口座タイプ、そして口座通貨を選択します。
提供されている取引プラットフォームと口座タイプの組み合わせは豊富で、以下のようなオプションがあります。

  • MT4プラットフォームでは、X Leverage口座やILC口座を選択できます。
  • MT5プラットフォームには、X Leverage口座、ILC口座に加えて、株式専用の口座も用意されています。
  • cTraderプラットフォームも利用可能です。

さらに、口座通貨としては、日本円(JPY)、アメリカドル(USD)、ユーロ(EUR)、英ポンド(GBP)、オーストラリアドル(AUD)、カナダドル(CAD)、スイスフラン(CHF)、メキシコペソ(MXN)、南アフリカランド(ZAR)の中から選ぶことができます。

STEP
個人情報入力

Tradeviewの口座開設プロセスの次の段階では、お客様の氏名、生年月日、現住所をローマ字で入力します。
この際、提出する身分証明書や住所証明書に記載されている情報と一致させることが不可欠です。
正確な情報の入力により、口座開設プロセスがスムーズに進行します。

特に、パスポートを身分証明書として使用する場合は、パスポート番号と有効期限の入力も求められます。これにより、Tradeviewは顧客の身分を正確に確認し、安全な取引環境を実現します。

さらに、Tradeviewでは勤務形態、投資経験、財務状況に関する詳細なアンケートが用意されており、これらに答えることで、Tradeviewは顧客の取引ニーズをより深く理解し、適切なサービスを提供することが可能になります。

これらの回答は口座開設の可否には影響しませんので、安心して正直に答えることができます。

STEP
本人確認書類の提出

Tradeviewの口座開設プロセスでは、本人確認が重要なステップとなっています。
このプロセスにおいては、「身分証明書」と「住所証明書類」のアップロードが必要です。
これらの書類が適切に認証されるまで、入金に制限があり、出金ができないというルールが適用されます。

このため、Tradeviewでの取引を効率的に始めるためには、必要書類の迅速な提出が不可欠です。
書類が迅速に認証されると、入金や出金の制限が解除され、Tradeviewの全機能を利用することが可能になります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民票
  • 印鑑登録証明書
  • 納税証明書
  • 電気・ガス・水道の請求書・領収書
  • 電話・ネット回線の請求書・領収書
  • カード・銀行の利用明細・請求書
  • 健康保険証(住所記載のもの)
STEP
自己資金の入金

Tradeviewは顧客の便宜を考慮し、様々な入金オプションを提供しています。
これにはクレジットカード、銀行振り込み、オンラインウォレット(bitwallet、STICPAYなど)、さらには仮想通貨による入金が含まれます。
これらの幅広い入金方法により、トレーダーは自分に最適な手段を選んで迅速に取引を開始することができます。

STEP
各種プラットフォームで取引開始

Tradeviewでの実際のトレーディングには、MetaTrader(MT4およびMT5)またはcTraderのプラットフォームを使用します。
PCユーザーはTradeviewの公式ウェブサイトから簡単にMT4、MT5、またはcTraderをダウンロードでき、この手軽なプロセスにより迅速に取引を開始することが可能です。

また、iPhoneやAndroidのスマートフォンユーザーのために、MT4やMT5のモバイルアプリが提供されています。
これらは一般的で使い勝手が良く、特にcTraderのモバイルアプリはその使い易さでトレーダーから高い評価を受けています。
これにより、どこにいても、いつでも手軽にトレードが可能になります。

取引口座タイプは3種類

X LeverageILCcTrader
1ロットの価値100,000通貨100,000通貨1,000,000通貨
最大レバレッジ500倍400倍400倍
取引ツールMT4
MT5
MT4
MT5
cTrader
取り扱い銘柄FX
仮想通貨
貴金属
エネルギー
指数
FX
仮想通貨
貴金属
エネルギー
指数
FX
仮想通貨
貴金属
エネルギー
指数
注文方式NDD STPNDD ECNNDD ECN
スプレッド1.8pips〜0pips〜0pips〜
取引手数料指数:100円/1Lot
仮想通貨:時価0.15%
指数:100円/lot
仮想通貨:時価0.15%
指数:1ドル/lot
仮想通貨:時価0.15%
最低取引ロット0.010.010.01
最大取引ロット757575
最大ポジション数200200200
ゼロカット50%50%50%
ロスカットレベル100%100%100%
ストップレベル無し無し無し
ボーナス無し無し無し
最低入金額10,000円100,000円100,000円

NDDを採用

Tradeviewは、すべての注文処理においてノン・ディーリング・デスク(NDD)方式を採用しており、これはトレーダーにとって透明性と効率性を提供する重要な特徴です。
NDD方式には、X Leverage口座で採用されるNDD STP(ストレート・スルー・プロセッシング)方式と、ILCおよびcTrader口座で使用されるNDD ECN(エレクトロニック・コミュニケーション・ネットワーク)方式の2種類があります。

STP方式では、Tradeviewは流動性プロバイダーからのレートにスプレッドを加えています。対照的に、ECN方式では顧客同士の注文を直接マッチングし、取引に手数料を課しています。
この方式は、市場価格に近いレートでの取引を可能にします。

これらの方式は、日本のFX業者で一般的なOTC(相対取引)やDD(ディーリング・デスク)方式と比較して、ディーラーの裁量介入がなく、すべての取引が自動的に処理されるため、透明性が高いです。

スキャルピング及び、EA制限なし

Tradeviewはスキャルピング取引を完全に許可しており、これは高頻度の取引を好むトレーダーにとって大きなメリットです。
Tradeviewでは、短期間での多数のトレードを行っても、口座の凍結や出金拒否のような問題は発生しません。この特徴は、短期取引を重視するトレーダーにとって理想的な環境を提供します。

さらに、TradeviewはEA(エキスパートアドバイザー)の使用、自動売買システム、さまざまなインジケーターへのアクセス制限がないため、システムトレーディングを行う投資家にとっても適した選択肢です。
加えて、Tradeviewは両建て取引を可能にしていますが、他の業者ではこの方法が許可されていないことが多いため、トレーダーはこの点に留意する必要があります。

最大500倍のレバレッジ

Tradeviewのレバレッジ設定は口座タイプによって異なり、特にX Leverage口座は最大500倍のハイレバレッジを提供していることが特徴です。

以下は、各口座タイプにおけるレバレッジの具体的な設定です。

  • X Leverage口座では最大500倍のレバレッジが可能。
  • ILC口座では最大400倍のレバレッジが利用できます。
  • cTrader口座も最大400倍のレバレッジを提供しています。

重要な点として、口座開設直後のレバレッジは一律に100倍に設定されており、これを引き上げるためには申請が必要です。
また、口座残高が10億ドルを超えると、レバレッジは100倍に制限されます。

ゼロカットシステムを採用

Tradeviewは、トレーダーに安心を提供するために、追加保証(追証)のリスクがないゼロカットシステムを採用しています。
このシステムの最大の利点は、市場の急激な変動によってロスカットが間に合わない場合でも、口座残高を超える損失をFX業者がカバーすることです。
これにより、トレーダーは自己資金を超える損失を被るリスクから守られます。

日本のFX業者では、金融商品取引法の規制によりゼロカットシステムが禁止されているため、残高を超える損失が発生した場合、追証が請求される可能性があります。
しかし、Tradeviewのような海外FX業者を利用することで、このようなリスクを避けることができます。これは、安全にトレードを行いたい投資家にとって大きなメリットです。

ストップレベルゼロ

Tradeviewは、取引の柔軟性を高めるために、すべての通貨ペアおよびCFD商品におけるストップレベルをゼロに設定しています。
この特徴により、投資家は市場価格に非常に近い位置で指値注文や逆指値注文を設定することが可能になります。
この柔軟性は、市場の小さな変動に迅速に対応し、効果的なトレーディング戦略を実行するのに役立ちます。

Tradeviewのストップレベルゼロの設定は、特に緻密な市場分析を行い、短期的な価格の動きを利用して取引を行いたいトレーダーにとって有利な条件です。

法人にも対応

Tradeviewは、個人トレーダーだけでなく法人クライアントにも対応した口座開設オプションを提供しており、これにより法人名義での取引口座の開設が可能です。
法人口座を開設するには、Tradeviewの新規口座開設ページにアクセスし、「口座の種類」の選択肢から「法人口座」を選択します。
その後、案内に従って必要書類をアップロードし、手続きを進めます。

このオプションは、ビジネスや企業の投資ニーズに対応するために設計されており、法人クライアントにとって大変便利です。
Tradeviewの法人口座開設サービスは、企業が金融市場での活動を効率的かつ容易に開始するための重要なステップです。

Tradeviewの手数料 / 評価【A】

スプレッド及び取引手数料

STP口座

Tradeview
X Leverage口座
XMTrading
スタンダード口座
XS.com
スタンダード口座
Exness
スタンダード口座

USD/JPY
2.0 pips1.6 pips1.2 pips1.1 pips

EUR/JPY
2.1 pips2.3 pips1.5 pips1.9 pips

GBP/JPY
2.8 pips3.6 pips1.9 pips2.0 pips

AUD/JPY
2.8 pips3.3 pips1.7 pips1.3 pips

AUD/USD
2.0 pips1.9 pips1.1 pips1.5 pips

EUR/USD
1.8 pips1.7 pips1.2 pips1.0 pips

GBP/USD
2.3 pips2.2 pips1.2 pips1.5 pips

XAU/USD
0.380.280.190.20

ECN口座

Tradeview
ILC口座(ECN)
Tradeview
cTrader口座(ECM)
XMTrading
ECN口座
XS.com
エリート口座

USD/JPY
1.4 pips
($7.0)
0.8 pips
($5.0)
1.1 pips
($10.0)
0.8 pips
($6.0)

EUR/JPY
1.3 pips
($7.0)
0.7 pips
($5.0)
1.4 pips
($10.0)
1.1 pips
($6.0)

GBP/JPY
2.3 pips
($7.0)
1.2 pips
($5.0)
2.2 pips
($10.0)
1.5 pips
($6.0)

AUD/JPY
2.0 pips
($7.0)
0.6 pips
($5.0)
2.2 pips
($10.0)
1.3 pips
($6.0)

AUD/USD
1.2 pips
($7.0)
0.6 pips
($5.0)
0.4 pips
($10.0)
0.7 pips
($6.0)

EUR/USD
0.8 pips
($7.0)
0.6 pips
($5.0)
1.1 pips
($10.0)
0.8 pips
($6.0)

GBP/USD
1.1 pips
($7.0)
0.7 pips
($5.0)
1.3 pips
($10.0)
0.8 pips
($6.0)

XAU/USD
0.28
($0.7)
0.17
($0.5)
0.20
($1.0)
0.15
($0.6)

スワップポイント

スクロールできます
スワップロングスワップショート
USD/JPY1,246円-2,592円
EUR/JPY808円-2,154円
GBP/JPY2,245-3,263円
AUD/JPY959円-1,282円
AUD/USD-532円-48円
EUR/USD-767円92円
GBP/USD-494円-332円
XAU/USD-3616円2050円
※2024/01/21のデータとなります。詳細は公式ホームページをご確認下さい。

入出金手数料

Tradeviewは、入金時の手数料を基本的に無料に設定しており、トレーダーは追加のコストを気にせず資金を口座に移動させることができます。
しかし、銀行振り込みや仮想通貨送金の際にかかる手数料は顧客の負担となるため、入金方法を選択する際にはこの点を考慮することが重要です。

出金時の手数料は使用する送金方法によって異なります。
例えば、bitwalletを利用した出金には一律1ドルの手数料が適用され、海外銀行送金を選択する場合は35ドルの手数料が必要です。
Tradeviewはこれらの出金手数料に関する明確な情報を提供しており、トレーダーは透明性を持って最適な出金方法を選択することができます。

口座維持手数料

Tradeviewは、入金時の手数料を基本的に無料に設定しており、トレーダーは追加のコストを気にせず資金を口座に移動させることができます。
しかし、銀行振り込みや仮想通貨送金の際にかかる手数料は顧客の負担となるため、入金方法を選択する際にはこの点を考慮することが重要です。

出金時の手数料は使用する送金方法によって異なります。

例えば、bitwalletを利用した出金には一律1ドルの手数料が適用され、海外銀行送金を選択する場合は35ドルの手数料が必要です。
Tradeviewはこれらの出金手数料に関する明確な情報を提供しており、トレーダーは透明性を持って最適な出金方法を選択することができます。

Tradeviewの入出金方法 / 評価【A】

Tradeviewでは、トレーダーのニーズに合わせた多様な入金方法を提供しており、これには国内銀行送金、海外銀行送金、クレジット・デビットカード(VISA、Mastercard)、bitwallet、STICPAY、さらには仮想通貨(BTC、ETH、XRP、USDT、USDCなど)といったオプションが含まれます。
この幅広い選択肢により、トレーダーは自身の状況や好みに最適な入金方法を選択することができます。

特にクレジット・デビットカードを利用すると、取引口座への即時反映が行われ、迅速かつ手軽な入金が可能です。
ただし、稀に決済エラーが発生することもあるため、その場合は国内銀行送金が代替手段として適しています。

国内銀行送金を選ぶ場合、平日9時から14時の間に振り込むと、約30分で取引口座へ反映されますが、営業時間外の振り込みは翌営業日の処理となります。
仮想通貨による入金も可能で、BTC、ETH、XRP、USDT、USDCなど多くの仮想通貨に対応しており、デジタル資産を活用するトレーダーにとっても便利です。

入金方法詳細
スクロールできます
入金方法手数料最低入金額反映時間
国内銀行送金無料約翌営業日
海外銀行送金変動約3〜5営業日
クレジットカード
デビットカード
無料10,000円即時
bitwallet無料即時
STICPAY無料即時
仮想通貨無料即時

Tradeviewの出金プロセスは、入金方法に基づいて設計されており、セキュリティを高めるために資金の流れを追跡しやすくすることを目的としています。
出金時には、原則として入金時に使用した方法と同じ方法を利用する必要があります。これには、入金時と同じ方法を含む出金オプションが用意されており、ただし銀行送金の場合は海外送金のみ可能です。

特にクレジットカードで入金した場合には、特別なルールが適用されます。
まず、入金額に相当する金額がカードに返金され、その後、カードへの入金額を超える残高がある場合に限り、その超過分を銀行送金で出金することが可能です。

出金方法詳細
スクロールできます
出金方法手数料最低出金額反映時間
日本銀行送金無料2〜3営業日
クレジットカード
デビットカード
無料数日〜2ヶ月
bitwallet無料即時
STICPAY無料即時
仮想通貨無料即時

Tradeviewのプラットフォームの取り扱い / 評価【A】

Tradeviewは、MT4(MetaTrader 4)、MT5(MetaTrader 5)、そしてcTraderという3つの主要な取引プラットフォームを提供しており、トレーダーに多様な取引環境を提供しています。
MT4とMT5は、X Leverage口座およびILC口座で利用でき、cTraderは専用のcTrader口座で使用可能です。

MT4とMT5は、WindowsおよびMac用のソフトウェアに加えて、iOS(iPhoneおよびiPad)やAndroidデバイス用のアプリケーションも提供されています。
これにより、トレーダーは自分の好みに合わせたデバイスやOSで取引を行うことができます。

一方、cTraderはMetaTraderシリーズに比べて新しいプラットフォームですが、豊富な取引ツールと直感的なインターフェースを提供しています。
これが、特に経験豊かなトレーダーに高く評価されている理由です。

Tradeviewの安全性及び信頼性 / 評価【A】

ライセンス

Tradeviewの運営は、Tradeview Financial Markets SACという企業によって行われています。この企業はペルー共和国に法人登記をしているものの、金融ライセンスを持っていない点に注意が必要です。しかし、Tradeviewの運営母体であるTradeview Ltd.は、信頼性の高いケイマン諸島金融庁からのライセンスを取得しています。これは、Tradeviewが一定レベルの信頼性と安全性を提供していることを示しています。

  • Tradeview Financial Markets SAC:ペルー共和国に法人登記
  • Tradeview Ltd.:ケイマン諸島金融庁のライセンスを保有(番号:585163)
  • Tradeview Europe Ltd.:マルタ金融サービス局を保有(番号:IS93990)
  • Tradeview Asia Ltd.:ラブアン金融サービス庁を保有(番号:MB/19/0037)

Tradeviewは、Tradeview Financial Markets SACという企業によって運営されており、この企業はペルー共和国に登記されていますが、金融ライセンスは持っていない点に注意が必要です。
それに対して、Tradeviewの運営母体であるTradeview Ltd.は、信頼性が高いとされるケイマン諸島金融庁からライセンスを取得しており、これはTradeviewが一定の信頼性と安全性を保持していることを示しています。

加えて、Tradeviewは国際的な展開を進めており、マルタ共和国とマレーシアのラブアン島で金融ライセンスを取得しています。これにより、さまざまな地域の規制要件を満たし、幅広い顧客に対して信頼できるサービスを提供しています。

公式Webサイト https://www.tradeviewforex.com/ja/
運営会社 Tradeview Financial Markets SAC(ペルー共和国)
設立 2004年
管理方法 一部信託保全

資金は「一部信託保全」

Tradeviewは、顧客の安全と信頼を最優先に考え、預かった証拠金を分別管理の下でサンタンデール銀行に安全に保管しています。
海外FX業者の中には、顧客資金と自社資金の分別管理を行うところも多いですが、しばしば第三者による監視が欠けるために、資金が適切に管理されているかの確認が難しいケースがあります。

しかし、Tradeviewはこの点で異なります。Tradeviewでは、顧客資金の信託保全が第三者の監督のもとで行われ、顧客は最大35,000ドルまでの資金について万が一の際に返還される保証を受けています。
この信託保全システムは、Tradeviewが顧客の資金を厳重に管理し、高水準の安全基準を保持していることを示しています。

日本の金融庁からの警告

日本の金融庁は、国内で公式なライセンスを持たずに営業する外国の金融業者に対して警告を発しており、このリストにはTradeviewも含まれています。
しかし、Tradeviewは日本国内に拠点を設けず、日本の規制の範囲外で運営しています。
そのため、Tradeviewが日本でビジネスを展開すると違法行為に該当する可能性がありますが、日本の住人が自発的にTradeviewのサービスを利用すること自体は法的に問題ではありません。

無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について

Tradeviewのサポート体制 / 評価【S】

Tradeviewは、英語が得意でない方でも安心して使えるように、ユーザーフレンドリーな日本語対応ウェブページを提供しています。
この日本語化されたウェブサイトは、日本のトレーダーにとって使いやすく、取引に関連する情報やツールへのアクセスを簡単にします。

加えて、Tradeviewは日本語でのカスタマーサポートも提供しており、メールを通じて日本人スタッフと直接コミュニケーションを取ることが可能です。
このサポートは、疑問や不明点がある場合に特に有用で、日本のトレーダーにとって大きな支援となります。

なお、ライブチャットや電話でのサポートは利用可能ですが、これらは英語での対応となる点に注意が必要です。

Tradeviewの取り扱い銘柄 / 評価【S】

TradeviewはFX通貨ペアだけでなく、多様なCFD商品を取り扱うことで、トレーダーに広範な取引選択肢を提供しています。この幅広い商品ラインナップは、トレーダーが様々な市場で取引機会を見つけ、投資戦略を多様化するのを支援します。
しかし、Tradeviewでは提供されるアセットの種類を絞り込み、ラインナップを必要最小限に保っています。具体的には、指数で10種類、仮想通貨ペアで5種類、貴金属とエネルギー商品でそれぞれ3種類が提供されています。

このセレクションは、トレーダーにとって最も重要な市場に焦点を当て、より効率的な取引体験を実現します。Tradeviewの商品ラインナップは、主要な取引チャンスにアクセスしながら選択肢をシンプルに保つバランスを取っています。

取り扱い銘柄

メジャーペア
AUDUSD, EURUSD, GBPUSD, NZDUSD, USDCAD, USDCHF, USDJPY

クロス円ペア
AUDJPY, CADJPY, CHFJPY, EURJPY, GBPJPY, NZDJPY, NOKJPY

マイナーペア
AUDCAD, AUDCHF, AUDNZD, CADCHF, EURAUD, EURCAD, EURCHF, EURCZK, EURDKK, EURGBP, EURHKD, EURHUF, EURMXN, EURNOK, EURNZD, EURPLN, EURSEK, EURSGD, EURTRY, EURZAR, GBPAUD, GBPCAD, GBPCHF, GBPDKK, GBPHKD, GBPNOK, GBPNZD, GBPSEK, GBPSGD, GBPZAR, NOKSEK, NZDCAD, NZDCHF, USDCNH, USDCZK, USDDKK, USDHKD, USDHUF, USDILS, USDMXN, USDNOK, USDPLN, USDRUB, USDSEK, USDTRY, USDZAR

当サイトの無料相談フォーラムについて

記事及び、業者選びで不明な点、心配なことがありましたらお気軽に各種フォーラムまでご相談ください。
詳しい案内のフォーラムにつきましては、
海外FX業者、及び仮想通貨取引所選定のための専門のLINE・メールサポートサービスのご案内
をご覧ください。

お客様のFX取引に関する疑問や懸念に迅速かつ的確に対応するため、24時間体制でスタッフが常駐するカスタマーサポートを提供しています。
休日や特別な状況を考慮し、お問い合わせに対しては即時から最大48時間以内の返信を心がけております。

当サービスでは、LINEやTwitterでの不必要な宣伝は一切行わず、お客様からの具体的なサポート要求にのみ対応していますので、安心してご利用いただけます。

サポートに関しては、以下の方法でご連絡いただけます。

万が一、返信がない場合は、異なるサポート窓口をお試しいただくか、同じ内容で再度ご連絡ください。
お客様のFX取引に関するあらゆる疑問に、迅速かつ専門的なアプローチでサポートを提供します。

あわせて読みたい
おすすめ海外FX業者ランキングTOP10!安心・安全な海外FX業者選びと専門家のススメ 日本のFX市場と比較して、海外FXはその高レバレッジ、借金リスクを排除するゼロカットシステム、そして豊富なボーナスオファーといった数々のメリットを提供しています...
シェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

執筆担当

弊社スタッフは、株式、暗号資産、外国為替取引(FXトレード)など、多岐に渡る分野での経験を積んでいます。
世界中のFXブローカーとの実務経験を通じて、深い知見を蓄えてきました。この豊富な経験を活かし、各FXブローカーのサービスを独自の視点で徹底分析。
実際のユーザーの声を基にした、透明性の高いレビューを提供することに専念しています。

目次